この記事の『』でかこまれているのは題?
この記事では記事を書いている人がおかしくてミーちゃんモモちゃんの商品が安いと書いてあるが、自分の頭がおかしくなったとは思わないように。
ねこばらブログ
姉、上の弟(妹)、弟、ねこばらパパが更新するブログ。
現時点の記事は356記事だ。
人物紹介
『姉』
このブログの管理人。ねこばらパパに初めてねこばらといった。
妹と仲が良く、ねこばらについて話し合ったこともある。
初めてのお使いが好き。
一度中学生になりブログを卒業したことがある。
そして2015年、「久々の・・・」という記事で復活した。
『妹』
上記の姉でいった通り、姉と仲良し。
一時はフラッシュムービーを作ってて更新が遅れたことがある。
このブログに雪やろうそくやペンギンリバーシなどのブログパーツを付けたのは彼。
上の弟なのだが、昔は妹と呼ばれている。
「ちょろっと振り返る」で、記事を誰がいくつの記事を書いているか数えるという大変なことをした。
将来は漫画家。
『弟』
現在記事を更新中。
彼の記事は合計100記事を超えている。
現在は不定期更新中。毎日更新があった時期はあったが、徐々に書けなくなっていった。
200記事記念を書いたのも彼。
そしてこの記事を書いているのも彼・・・。
「・・・」などといったものをよく使い、上でも使っている・・・。(あ、また!ほら!)
最初はかなり読みにくい記事で、記事の内容もいまいちだったが、徐々に進化している。
妹同様、「もうすぐ200コ」では、記事を誰がいくつの記事を書いているか数えた。
勝手にねこばらの達人、究極のねこばらといったものを作った。
キャラクターも新たに2匹作った。
現在、家族のほかの人のような、とても見やすい記事を書くことを頑張っている。
勝手に誰かが書いた動物の記事をねこばらブログ更新シリーズと名づけた。
現在ねこばらブログ更新シリーズは8作できている。
学校などで、はやく400記事になればいいな。そうすれば記事のネタができるのに・・・。と思う時がある。
よくネタ切れする。
こどもなのに運転免許があり、運転したこともある。
ねこがアレルギー。
連打が苦手。
YouTubeを見ている。
学校の図書室から、ブログに使えそうな理数系の本を借りている。
白黒テレビから生まれた。
セリフの色は
『ねこばらパパ』
このねこばらブログの主人公?
ねこばらの花束にあこがれていた。
そしてついにねこばらの花束になることができた!
今の目標はねこばらの達人。
お腹がボヨーンとして、ミーちゃんを助けたこともある。
道を転がり、坂道ではゴロゴロと転がる。
何故か家にいないときはねこAの場所にいる確率が高い。
なんと運動をしたことがある。
ボヨンボヨンしてるのを見られるのはあまり好きじゃない。
「貴方は肉が好きですか?」と、英語で言ったことがある。
『ママ』
一応家族の一人だが、記事を1つも書いたことがない。
運動が苦手で、ねこばら運動会では苦戦していた。
キャラクター紹介
『ミーちゃんモモちゃん』
色々な商品を作る2人のキャラクター。
役に立たず、滅茶苦茶値段が高い商品を作っている。
しかし、時々すごいしょうひんをつくることも・・・?
実は2人は機械で、ねこばら会社によって作られた。
2人を作ったのは「仲田 将大(なかたまさひろ)」。
彼は特殊なロボットを作りたくて、いろいろなことを調べていた。
それでできたのがミーちゃんモモちゃん。
ちなみに、ねこばらパパのお腹の中が2人の家だったのだが、実はホントの家がある。
半分黄色で半分ピンクの家だ。
ここで商品の制作などを行っている。
そして、ミーちゃんモモちゃんは魔法の商品を作ることがある。
それが白黒テレビだ。
ここからは犬が飛び出すことがある。
ミーちゃんモモちゃんはとべて、玉入れが楽に終わった。
そして、ミーちゃんモモちゃんは不思議な力を持っている。
それがハイクヒクロードだ。
ハイクヒクロードには1~5までの数字がある。
1は弱々しい力だが、5はものすごい力だ。
ハイクヒクロードはドッジボールやマラソンなど、いろいろなことに使える。
主に商品制作に使っている。
2人は友達。
外出しているときは家に「外出してます」と書いている。
2人一緒のセリフの色は薄茶色
『ミーちゃん』
意外にお茶目なねこ。(すぐ近くだったのに迷っていた。)
イチゴが嫌い。
♂。一人称は「ミー」「僕」
セリフの色は黄緑
『モモちゃん』
バレンタインでミーちゃんにチョコを渡した。
怒ると怖いことが分かった。
♀。1人称は「私」
セリフの色はピンク
『お助けワン』
白黒テレビの中から出てきた初の犬キャラ。
猫や犬を助けることが好き。
いぬばらブログを作りたいと言った犬を助けようとした。
しかし、ブログを作るのは300年ぶりだから失敗してしまった。
お助けワンは1341歳だ。(記事には1340歳と書かれていたが、2016年になったから1341歳だ。)
彼はねこたちを助けるために足の速さなどを鍛えたそうだが、逆に足を引っ張る存在となっていた。
彼の泣いている姿は人気があり、画像トップ10にも出てきた。
そして、猫Rにも気に入られた。
名前は初登場時は決めていなかったが、ねこばらクイズ大会で発表した。
子ハートワンを生んだ。
♂。セリフの色は茶色
『子ハートワン』
お助けワンの卵から生まれた犬キャラ。
今はまだ1歳。
お助けワンが助けに行くとき、大体鎖でつながれている。
黄色が好きで、黄色いボタンがあったら押してしまう。
誰か来た時、お助けワンの場所を教えてくれる。
お助けワン同様、クイズ大会で初めて名前が発表された。
セリフの色は黄色
ねこばらブログ更新シリーズの動物
ねこA以外のねこは、セリフの色が茶色黄緑
犬N以外の犬はすべて
『ねこA』
ねこばらブログ更新シリーズの主役。
犬Aは、ねこAが記事を更新していたと思い、ねこAに記事を更新してくれと頼んだ。
しかし記事の内容は思いつかない。
その為外に出てサボっていたりもする。
このねこは、壁に頭を付け、ねこドンをする。
行ったことのある県は、自分の県と高知県。
先ほど言った通り外に出てサボるが、時々記事の内容を探しに行くときもある。
口癖はにゃー。セリフの色は
『犬A』
ねこAに記事の更新を頼む犬。
ねこAの記事で言った通り、ねこばらブログはねこが更新していると思っている。
『ねこB』
犬Bと一緒に廊下にいる。
最初のシリーズでは「本当かにゃー」などと言っていた。
しかし弟がキャラを変え、「更新が楽しみニャー」というキャラにした。
『犬B』
ねこBと一緒に廊下にいる。
ねこAの更新が終わるまでずっと廊下にいる。
『犬C~L』
10人で一緒にいる。
時々前が見えない犬などもいて喧嘩する。
『犬Ⅿ』
2作目で、「ねこさんたちはすごいワン!」と言っただけの犬。
『最初の犬N』
弟の英語の数え間違えのせいで2人いる存在となってしまったN。
だら~んとした姿。
何故かこの犬だけ色が違って、色は濃い青
『弟の犬N』
こっちが弟の数え間違いで誕生した2人目のN。
顔がねこAよりも大きい犬で、部屋から出たねこAを疑った。
『犬О』
ねこAが更新をサボっているときに部屋に来て、記事を全く書いていないことに気づいた。
『犬P』
犬О同様、記事を全く書いていないことに気づいた。
『犬Q』
犬Оや犬Pと一緒にいたがとても優しい犬で、ねこAの更新を手伝ってくれた。
その後、「何回目?お話!」で登場。
そのままねこと一緒に暮らしている。
そうやって歩いているところをねこAは記事にした。
『猫R』
猫なのに犬と最初に書いてしまい、Rになった。
その後ちゃんとねこに戻った。
ねこばらブログのCMを見て、ねこばらブログを見始めた。
猫Rは4回記事を書いている。
ちなみに本人はねこばらにはなりたくない。
猫Rはお助けワンの泣いている姿より子ハートワンの方が可愛いようだ。
セリフの色は黄緑黄色
『子犬A』
子犬Bと一緒にねこAのもとへ行く子犬。
セリフの色は水色ピンク
『子犬B』
セリフの色はピンク
『クマA』
セリフの最後に「くま」という。
セリフの色は茶色
『クマB』
セリフの色は
『パンダA』
Aと言っているがB以降はいない。
最初に日本じゃないところにいて、更新を見に行けなかった。
飛行機に乗ろう!と考えたが、でもパンダだし・・・。とやめた。
しかし、諦めずに飛行機の計画を進めた。
木にぶら下がり、「こんな感じかな・・・。」と練習し、飛行機に乗ることを決意した。
そして数日後、飛行機に乗っていたのだ。
ささを食べながら。
そして日本に来た。
ちなみに、パンダAは高知県に実家がある。
もう慣れた飛行機に乗っていく。
セリフの色は茶色
『ウサギA』
ねこBの廊下の隣にある部屋にいる。
セリフの色は赤茶色
『ウサギB』
セリフの色は茶色
『ねこC
「むにゃーん」と犬Rと一緒に丸まっている。
『犬R』
「むわーん」とねこCと一緒に丸まっている。
『犬S』
何をやってるかわからない意味不明ないぬ。
『犬T』
子猫を手に持っている。
そのほかの人物(ゲストキャラ)
お話で登場したキャラや、実際にいるけどあまり紹介してないキャラ。
『ばあちゃん』
この家に来たことで、記事のネタになった。
とても掃除がうまく、家がきれいになった。
ばあちゃんの家ではとてもおいしいごちそうが食べれる。
『ねこばら一家』
妹が作った家族。
猫の家族から赤ちゃんが生まれ、そこをねこばら猫という親戚の猫が一緒に祝っている画像を使っている。毎年節分で登場する。2017年は北北西を向かなきゃダメなのに北北東を向いてしまった。
『ママ』
2015年の節分では恵方巻を食べた。
『パパ』
恵方巻は食べた。
『兄』
食べてない。
『姉』
食べてない。
『赤ちゃん』
人生で1回も食べてない。
幼稚園児。
『ねこばら猫』 
100個食べた。
2016年の節分では鬼が恵方巻を食べている絵を描いていた。
トラ柄のパンツも書きたかったがめんどくさくなってやめた。
その絵は洗濯機に貼られ微妙な雰囲気になった。
今は絵をほかの場所に貼れないかと眺めている。
そして、テレビが壊れたため今はそこに貼っている。
『泣ける話のねこばらパパ』
1時間の給料は1500円。
娘に500円を貸してと言われたが、長いことはたらいていてイライラしていたため、渡さなかった。
『泣ける話の娘』
ねこばらパパに500円を貰った。
もともと1000円持っていた。
これで1500円になり、ねこばらパパの1時間分を買った。
『ねこばらずきんのねこばらパパ』
普通の大人だが、みんながねこばらパパというので、認めて最終的には気に入った。
ねこばらの花束の人が病気になったためお見舞いに行った。
笑っている狼がいい動物だと思い、返事をしてしまった。
『ねこばらずきんのねこばらの花束の人』
ねこばらの花束。
病気になってしまい、入院していた。
細くて筋肉のある人に、細くて筋肉のある人にされた。

そのままねこばら合戦で復活。
ねこばらパパをこらしめることにした。
屋根の上からねこばらパパにねこばらになる薬を塗った。
そのまま、ねこばらパパに仲良くなったと勘違いされた。
『狼』
森の中にいる。
ねこばらの花束の人を襲おうと思い、ねこばらパパにスーパーで試食をさせた。
その間にねこばらの花束の人を細くて筋肉のある人にした。
実は狼は着ぐるみで、本当は細くて筋肉のある人。
ねこばらパパも細くて筋肉のある人にしたかったが、逃げられた。

こちらもねこばら合戦で復活。
ねこばらパパに包帯を巻きつけたが、目に巻き付けた。
『ねこばら太郎のねこばらパパ』
普通の大人で、なぜか川から流れてきた。
自分でねこばらパパという名前にした。
桃太郎に憧れ、きびだんごを姉や妹、弟に作ってと頼んだ。
しかし、みんな反対するから自分できびだんごを買った。
犬を探し、鬼退治に行こうといったが上手くいかなくて、自分のお腹を育てるのに頑張ろうと思った。
『ねこばら太郎の姉や妹や弟』
川からねこばらパパが流れてきたが無視した。
拾ってくれとうるさいから仕方なく拾った。
桃太郎のようにお腹を切ろうともした。
『のら犬』
ねこばらパパが探し出した犬。
鬼退治に行こうと言われたが、人間の言葉はわからないため、ワン!と叫んだ。
『ねこばら合戦のねこばらパパ』
ねこばらになる薬を拾ったが、ねこの持っている🍙が欲しくて交換した。
ねこには、「ねこばらとは細くなったお腹のこと」と伝えた。
家に帰ると、犬やねこばらの花束の人や細くて筋肉のある人に襲われた。
ねこばらの花束の人にねこばらになる薬を塗られ、仲間になったと勘違いした。
『ねこばら合戦のねこ』
🍙とねこばらになる薬を交換した。
ねこばらは細くなったお腹と伝えられ、痩せたいねこは使った。
しかしお腹が太くなってしまい、子猫たちに助けを求めた。
『ねこばら合戦の子猫』
ねこに助けを求められ、ねこのもとへ行った。
『ねこ島太郎のねこばらパパ』
子供たちがいじめていたカメを助けた。
そして、海へ逃がしてあげた。
体重が重くてよく海の底へ沈む。
ある日、カメに竜宮に連れて行ってもらった。
もう1日暮らしたかったが、暮らせなかった。
猫手箱を貰ったが、それをあけずにいたらそのままの体型でいられる。
ねこばらパパは思った。
そのままの体型なら、開けたら食料がたくさんあってもっと太った体型になれるんじゃないか。
そして、開けてはいけないと言われていた猫手箱を開けてしまった。
だから、いぬばらのようなお腹になってしまった。
『カメ』
子供たちにいじめられていたが、ねこばらパパに助けられた。
そのままねこばらパパを竜宮へ連れて行った。
帰りは5匹で連れて行った。
『乙姫』
竜宮の主人。
ねこばらパパを歓迎したが、ねこばらパパはたくさん食べる。
もう1日暮らしたいというから、このままだとごちそうが全部なくなってしまう。
そう思い、猫手箱を差し上げ帰らせた。
『朝倉 柊』
いつも田中と帰っている。
田中にスランプが起こらないか心配した。
『田中 優』
今まで風邪一つひいたことがない。
しかし、ある日急に休んだ。
逆立ちで街を歩いてください。というメールが来た。
そのまま放っておいたら、すごく太ったのだ。
マイナス思考。スランプを知らなかった。
『朝倉 楓 』
朝倉柊の弟。
メールの命令は1時間片足で立て。というもの。
運動神経が良いためラッキーだったが、太る原因を突き止めたい柊に止められた。

『ゴキ美、ゴキ子、ゴキ香ゴキ太郎、伊藤さん、ゴキ男』
姉が話していた謎のゴキブリの話の登場人物。
『猫と犬のお話のねこと犬』
仲がいい。
あかりを探して、警察に逮捕させた。
2人で人間を退治した。
勝手にポストに入っていた折り紙とシールとノートと鉛筆を大満足して受け取り、オセロをした。
猫は流れ星が見れた。🌠
『人間』
猫や犬がものすごく好き。
猫と犬を捕まえようと思い走ったら、通り過ぎてしまった。
猫と犬に退治され、外に出ないようになった。
何故か水星が見れた。
『あかり』
警察が逮捕しようと思ったら逃げ出した。
しかし、ねこと犬に見つかり、逮捕された。
『いぬばらブログを作りたい犬』
猫にさんざん作っちゃダメと言われていたいぬばらブログをどうしても作りたくて、
作ろうとしたが難しくて作れなかった。
お助けワンに助けられる一番最初の相手のはず。
だが、ブログを作るのは300年ぶりだからもう忘れていて作れなかった。
今もブログの作成方法を調べている。
時々貸し切りでいぬばらの内容もねこばらブログに書く。
セリフの色は水色
『風』
もしも家に入ってきたら、こんなことを言う。
ハロウィンはトリックオアトリートと言う。
クリスマスはメリークリスマス、お正月はあけましておめでとう、
誰かが入学するときは入学おめでとうと言う。
『不思議いっぱいなねこばらパパ』
いぬばらパパと友達のねこばらな大人。
1年間ずっとダイエットして、ご飯を米粒1粒にしても前より太っている。
1人暮らしで、いぬばらパパが心配してきてくれた。
すると、一気に痩せた。
そのまま大食いでダイエットしなくてもずっとその体型。
そして、37年後一気に太った。
しかし2年後一気に痩せた。

ねこばら台風で復活。
台風が怖い。
ローマ字は読めない。
『不思議いっぱいないぬばらパパ』
大食いでダイエットしてないのにいぬばら。
ねこばらパパを痩せさせた。

ねこばら台風で復活。
ねこばらパパに傘を貸してあげた。
ローマ字の手紙の解読をした。
『パンダ』
パンダは見ちゃダメなマジックに来たパンダ。
パンダだとわからないように目隠しをしたが、マジック人がどんな人か気になり、目隠しをとってしまった。
パンダは見ちゃダメなのに、見てたことにマジックの人は怒った。
パンダからその瞬間にプレゼントが出てきた。
パンダはマジック人はきっといい人なんだなと思い、プレゼントを持ってきた。
パンダは見ちゃダメなため、終わったとき入り口で渡したかったがせっかくだから聞いていこうと思った。
パンダは目隠しをとってしまったため計画が崩れてしまった。
パンダのプレゼントの中身は玉手箱だった。
🐼
『マジックの人』
 パンダは見ちゃダメなマジックをやった人。
観客が骸骨なため怒っていた。
『6歳のねこ』
6歳なのに1人暮らし。
引っ越そうと計画した。
そこで犬Qに手伝ってもらい、引っ越すことができた。
そのまま犬Qと一緒に暮らした。
『凶暴ないぬ』
6歳のねこを襲った。
その後、引っ越しが終わった時にまた襲おうとした。
しかしお助けワンに退治された。
『太りバッタ』
太っているねこばらなバッタ。
何故かモザイクがかけてある。
上に手があり、下にお腹がある。
刺されると急にハチの巣に入りたくなる。
とても小さい。
『ボールハチ』
♀は黒く、♂は青いハチ。
刺されると普通は10年間気を失う。
運が良ければ一ヶ月間記憶喪失。
運が悪いとは、弟が途中でやめたため正式には明らかになっていない。
『ねこばらマンといたねこ』
ねこばらマンが初登場したときに出てきた猫。
最初に無視された。
後に旅行で復活。
さらにミーちゃんモモちゃんコーナー3でも出番あり。
セリフの色は黄色
『仲田 将大』
ミーちゃんモモちゃんを作った人。
ねこばら会社にいる。

高い商品の裏ルートで再登場。
これを見せると・・・。と、書いてあったためねこばらの教科書を見せたが何も起こらなかった。
それだけのことで59分59秒99もかかった。

ねこばら台風で復活。
ねこばらパパにローマ字で手紙を送った。
彼にねこばらの教科書2を見せると実用品がもらえる。
その他の人物
『ねこばらマン』
ねこばら国にいた。
旅行の際にイケボだということが分かった。
ボールハチをやっつけることができる。
家は意外に普通の家。
だが中は一体・・・?
中を見せたくないのか、外で話を聞かせる。
イベントには興味がない。
ヒーロー本を読んでいた。
家には一切窓がない。
家のピンポンが変な音。
教科書を所持している。
家に4次元のドアがある。
ミーちゃんモモちゃんの商品集
『ねこばらテレビ』
ミーちゃんモモちゃんコーナー2で紹介されたテレビ。
値段は724300000円。
だが、35分43.597秒までに注文をした方限定で、1.07415097%引きで674300000円。
50000000円(5千万円)安くなっている。 
このテレビの便利さ
一つ目 電源がつく
二つ目 チャンネルが変えられる
三つ目 リモコンが付いている
テレビ台をつけて、値段そのまま674300000円。
これは安すぎる。
2個買ったら1200000000円になった。
滅茶苦茶割引だ。
安いのになぜか販売中止になったのだが、2人の誕生日記念で復活した。
『ねこばら一周旅行の券』
こちらもミーちゃんモモちゃんコーナー2で紹介された旅行券。
約1~2m歩き、約15秒で終わる、
0泊0日の、日帰りツアー。
先着100名様限定の人気商品。
値段は56207000円。
安い‼買おう‼買ったらお得‼
がモチーフ。
本当に安い。
こちらも販売中止になったが誕生日記念で復活。
『白黒テレビ』
値段は65700000円。
これは、ミーちゃんモモちゃんが作る魔法の商品。
このテレビの中からお助けワンが出てきた。
色がなくて、本当に白黒だ。
『スーパークレヨン』
値段は、100億4560万7000円。
全12色のクレヨン。
色は、赤、黄色、橙、青、緑、紫、水色、黄緑、黒、白、茶色、桃色。
字がかなり雑。
『ミーモモゲーム』
モモちゃんがハマっている。
ボタンはA、B、X、Y、セレクト、スタート。
スタートボタンの下におめでとうと書いてある。
値段は、3740億26万0891円。
カセットもこの値段なのが特徴。
『ねこばらGo』
ミーモモゲームのカセット。
操作方法はポケモンGoと同じ。
モンスターボール→肉肉ボール
ポケストップ→ねこストップ
ポケモンジム→ねこばらジム
ポケモン図鑑→ねこばら図鑑
博士→ねこばらの花束の人
ポケコイン→ネココイン
CP→NP
星の砂→ねこの砂
『ねこばらメーカー』
ミーモモゲームのカセット。
マリオメーカーをまねて作った。
WiiU版と3DS版の両方の機能がある。
キャラマリオ→キャラパパ
ヤマムラ→ニクネコ
ましこ→ましにゃ
クッパ→ネッコ根っこ
ピーチ姫→にーくひめ
キノコ→フルーツ
ゲッソー→ゲッニョー
『色々オリンピック』
ミーモモゲームのカセット。
1960年~2017年のオリンピック名場面を見れる。
『ウルトラストーブ』
1兆5678億0345万3008円。
普通のストーブよりも風が0.1度温かい。
そして1mmだけ黄色いところがある。
『ハロウィンいたずらセット』
ハロウィンに作り始めた商品。
値段は、2090億8790万1002円。
『ハイパーマフラー』
冬に使えるマフラー。
モモちゃんがいうにはカボチャっぽい感じがするらしい。
しかし実際は何もならない。
値段は、6903億7円。
『すごすぎ手袋』
手にはめれて、サイズごとに作ってある。
6兆5948万6236円。
『メガトン耳栓』
耳の中が寒くならないように作った。
音は聞こえるようにしたかったができなかった。
4兆1円。
『グッドジャンバー』
服の上から切れる。
8兆円。
『エクセレント靴下』
肉の柄。8兆円。
『名前思いつかない靴』
excellent以上が見つからないから名前が思いつかないになった。
10兆5687万円。
『名前自分で決めて帽子』
夏にはピッタリだが、冬には…?
名前を自分で決めてほしい代わりに2017年は5632円安くなった。
15兆5633円だが、2017年は15兆1円。
『ねこばら辞書』
値段は、めずらしく2000円。
ミーちゃんが書いた。
1110ページある。
『新ねこばら辞書』
530ページある。
値段は、逆戻りして45670000円。
『最新ねこばら辞書』
2015ページある。
ねこばら辞書と新ねこばら辞書にのってる言葉も全部ある。
記事順に記載されている。
『チョコ入れ袋』
チョコを入れるための袋。CHOKOと書いてある。
ハート型。値段は14兆5236億5896万9562円。
『皆で雪合戦』
雪玉を投げあう2人専用ボードゲーム。
連打の速さで勝敗が決まる。
値段は58兆9002万5020円。
『新たな学年』
『春の自然』
『晴れと曇りと雷と』
『夏の虫と夏休み』
『めちゃすご扇風機』
『日常掃除機』
『秋の紅葉』
『きれい落ち洗濯機』
『ハロウィン歓迎セット』
『ちょこっと早い雪遊び』
『皆で遊ぼうXmas』
『今までのミーちゃんモモちゃん』
ねこばらパパの料理集
毎回皿は赤色。
『お肉とフルーツザメ』
フルーツはレモンとチェリー。
弟が食べてみたが、すごくまずかった。
『名称不明』
名前が紹介されていない。
フルーツはリンゴ。
豚肉と生クリームという絶妙な組み合わせ。
『名称不明』
自分だけの食べ物を作った。
最後に少し焼き肉をくわえる。
ねこばら用語
『ねこ』
このブログの一番最初の記事は彼が書いた。
にゃ行、ナ行などを主に使っている。
「ん」や「ゆ」、「のぃ」や「の」などの言葉もたまに出る。
『ねこばら』
お腹が猫背のようなお腹だったため、ねこばらと名付けられた。
お菓子や肉をたくさん食べる。
ねこばらの花束に憧れている。
食べ、ゴロゴロ、時々テレビで生活している。
『ねこばらブログ』
このブログ。
ママ以外の家族が更新する。
現在一番記事が多いのは多分弟だ。
✨が降ってきたりなどの演出はほぼ妹が行った。
記事検索を付けたのは弟。
犬たちはねこAが記事を更新していると思っている。
『キャラクター』
現在4キャラ。
『ねこばらの花束』
お腹の中のお腹、ものすごいねこばら。
これになるためにはねこばらの10倍の努力が必要。
『ねこばらの鬼』
ねこばらの花束になるための鬼。
『ブログランキング』
1位になったことがある。
『フルーツパーティ』
ねこばらパパはお腹が大きくなってうれしい。
『ねこばらおみくじ』
おみくじ。
弟が勝手に復活させた。
2017年でも復活させようと思っている。
『お正月気分』
弟はお正月気分を知らない。
ねこばらパパは食べることばっかり話す。
『ねこばらパパのなにぬねの』
妹が作った。                                 
な なんでも食べる
に 肉が大好物
ぬ ぬいぐるみじゃないよ
ね ねこばらパパです
の ノクターン大好き(曲名)
『3N』
妹が作った。
好物は肉、あだ名はねこばら、好きな動物猫。
3つともローマ字の始まりがNだから3N。
『ねこばらになる薬』
妹や弟のCMで登場している。
塗る薬。
ねこばら合戦でも登場。
『占いブログ』
記事が1つしかないブログ。 
『お料理タイム』
ミーちゃんモモちゃんコーナーでやってるコーナー。
『コンビニオオオナーカ』
ねこばらパパの大きいお腹の中にあるコンビニ。
『コンビニオオオナーカの卵』
100時間火を通さないと焦げない卵。
『火事にならないコンロ』
どこにあるかもわからないコンロ。
『ブログショッピング』
テレビショッピングのブログ版。
『カレールー』
コンビニオオオナーカの商品。
3つのセットで5兆円。安すぎだ。
『いぬばら』
細ーいお腹のこと。
ブログもある。
いぬばらの花束、いぬばらの達人などもある。
『ねこばらの達人』
ねこばらの花束の上。
『究極のねこばら』
ねこばらの達人の上。
『ねこばらの教科書』
色んなねこばらのことが載っていてとても不思議な本。
何故か毎回詳しいことが載っていない。
『ねこばらの教科書2』
これを仲田 将大に見せると実用品がもらえる。
ニックネームはこれ。
『いぬばらブログ』
犬がやっているブログ。
不定期更新。
『ミーちゃんモモちゃんブログ』
ミーちゃんモモちゃんの二人で書くブログ。
不定期更新。
現在行っている企画
『ネコッター』
ツイッターのように何かをつぶやく。
2017年からは日にちを表示するようになった。
『コメント』
コメントは非公開にする。
いやだったらそういうコメントを貰う。
『夏休み企画』
夏休みだから毎日投稿を復活させるという企画。
こんなことしなくてもずっと毎日投稿してほしい。
昔行った企画
『バレンタインスペシャル』
1日に4記事も投稿する企画。
弟の決まり
『初めて見る人へ』
初めてこのブログを見る人への記事。
概要欄にある。
『黄色い文字』
黄色い文字はドラッグで見ることにしてある。
『概要欄』
2017年からの新要素。
前の記事、次の記事、初めてみる人への記事、再生リストがある。







終わり