概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→
前→ねこばらおみくじ2019! 
ネコッター→ネコッター
ねこばらWikipedia→ねこばらWikipedia 
舐めたタイトルですいません。




皆さんこんにちは、弟です。


さて、少し久々の投稿ですね!冬休みが終わったことによって今日のような土日しか投稿できないかもしれませんがクリックはたくさんしてくださいね!

10日ぶりの投稿ってことでランキング順位も
4位まで下がってました。

1位
と僅差でもうすぐ勝てそうだったのに…何だか勿体ないです。

さて!今回はお助けワンから何か頼みごとがあるらしいので聞いて来ようと思います!



はい!例の庭に着きました。ここにいるはずですが…

⁇?「わん!」

お!鳴き声です!お助けワンでしょうか?

犬E「お!弟わん!」

って、犬E⁉他の9匹とは一緒じゃないんでしょうか…

犬E「ちなみに他の9匹は何者かに盗まれたわん!」

…え?盗まれた?どういうことでしょうか?

犬E「あれは1時間前のことだったわん…カーテンを黄色くリフォームした直後のこと…」




16

犬C「冬は寒いわん…こんな時は部屋でゆったりするわん…」

犬D「部屋に勝るもの無しわん!もしあったとしてもそこまで行くなんて無理だわん~」

⁇?「わん!」

犬E「あれ?外で犬の鳴き声がするわん。」

犬F「あ、本当だわん。寒いから中に入れてほしいのかもしれないわん。」

犬G「じゃあ誰かあの犬を部屋に入れてあげてわん!」

犬H「ぼ、ぼくは行かないわん!寒いし…」

犬I「僕も行かないわん!そ、そういえば犬Jが寒いのに強いとか言ってなかったわん?」

犬J「そんなこと言ってないわん!犬Kに頼むわん!」

犬K「zzz…むにゃ…」

犬L「行きたくないからって寝たふりはやめてわん!」

犬C「もうこうなったら最初に犬に気づいた犬Eが行くのはどうわん?」

犬D「おお!それはいいわんね!是非やってもらいたいわん!」

犬E「え~!そんな…」


って感じで結局僕が犬を中に入れる係になったんだわん。

それで寒い外に出て犬をつかんで、中に入ろうと振り返った瞬間に…

なんと9匹全員いなくなってたんだわん!

あの犬はそのまま中に入れ、僕は訳が分からず…

塀の上から外に出て彷徨ってたら…。


弟を発見して話しかけたんだわん。




なるほど…そんなことがあったんですね。

お助けワン「そんなことなら僕に任せてわん!」

ってお助けワン!?いつの間にか来てたんですね。

お助けワン「僕はねこ助け犬。でもそれはかりそめの姿。本当は世界中にいる犬たちを助け、犬々を笑顔にするのが僕の犬助け犬という仕事…さぁ、いくらでもかかってくるわん!この僕g…」

犬E「あの!ちょっと話が長すぎるわん!もう自分で探すわん!」

あ、行っちゃいました。

お助けワン「あ!まぁ良いわん。とりあえず弟に頼みたいことがあるわん!」

お!これですね!何でしょうか?

お助けワン「実は1時間前から子ハートワンが見当たらないんだわん!家の中をかなり探したのにどこにもいなくって…」

子ハートワンが…?それは事件ですね!早速周りの人に見なかったか聞いて来ようと思います!



ミーちゃん「子ハートワンならさっき買い物に行ったとき見かけたよ!」

モモちゃん「確か子犬Aと子犬Bがいる体育館の近くだったような…」

あの体育館ですか!行ってみますね!



…いません。

子犬二匹にも聞いてみます。

子犬A「子ハートワンって何わん?」

子犬B「分かったわん!『子供のハートはオンリーワン』っていう意味だわん!」

子犬A「でもそれが行方不明ってどういうことわん?」

子犬B「うーん…よく分かんないわん!」


そもそも知らなかったみたいですね。ねこばらブログファンクラブにも入ってないし、小さい体だからブログも見れないんでしょう。

では子ハートワンの特徴について教えますね!これなら見たかどうかわかるんじゃないでしょうか?

子犬A「その犬ならさっきこの建物の1階に行ったわん!」


1階ですか!犬C達の部屋がある階です。行ってみますね!



さて!1階に着きました!

あれ?犬C、犬D、犬F~犬Lがいます。盗まれたんじゃなかったんでしょうか?

話を聞いてみますね。

犬C「寒かったからみんなで窓を閉めに来たんだわん!そしたら間違えてドアにロックをかけちゃってて、部屋の中に鍵があるから犬Eが開けてくれるのを待ってるんだわん!」

なるほど…これで犬Eは皆が盗まれたと勘違いしたんですね。

犬E「わん!?見つけたわん!」

お、このタイミングでここに犬Eがやって来ました。

訳を話しますね!

犬E「なるほど、そうだったわん?でも残念ながら部屋の鍵はまだ部屋の中わん!」

犬D「わわん!?ってことはここを開けれないわん!?」

犬E「そういうことだわん…」

どうやら犬Eも部屋の中に鍵を置いてきてしまったようです。これでは中に入れませんね…どうするんでしょうか?

⁇?「そんな時には僕の出番だわん!」

お!この声は…

お助けワン「犬助け犬のお助けワンだわん!!すぐに鍵を取ってくるわん!」

え!?どうするんでしょうか…

お助けワン「今から練習したマジックで鍵をこっちに引き寄せるわん!」

すごい!ねこ助けと両立してマジックの練習までしてたんですね!

でもお助けワンがやるなんて大丈夫でしょうか…

お助けワン「はぁぁー!鍵よーこっち来~いだワン!」



犬F「全然こっちに来てないわん…」

お助けワン「わん!?えっと…そうわん!こ、これは子ハートワンがいないとできないマジックだったわん!」

犬G「それならどうするわん…?部屋の中に入れないと色々困るわん。」

⁇?「わん!」

犬H「あ、部屋の中からさっき外にいた犬の声がするわん。」

お助けワン「わん!?この鳴き声は…子ハートワンだわん!」

えー!?捕まえた犬が子ハートワンだったんですね!

でも鍵がないと子ハートワンのところにも行けません。どうするんでしょうか…

犬I「あれ?そういえば犬Kはどこわん?」

犬J「確かに、部屋から出た時からいないわん。」

犬L「犬Kって、さっき寝たふりをしてたわんね。もしかしたら本当に寝てたのかもしれないわん。」

犬C「ってことは僕たちについてきてなくてまだ部屋の中にいるってことわん?」

犬D「それならここで大きな物音を立てて犬Kを起こせば鍵を開けてもらえるわん!」

犬E「でも僕が見た時には犬Kは部屋にいなかったわん。」

犬F「犬Kのことだからまた寝相で押し入れの中に入ったのかもしれないわん!」

犬G「だからまだ部屋にいるわんね!」

犬H「でもどうやって物音なんて立てるわん?」


お助けワン「わおーん!」

犬I「わあ!急にほえないでワン!」

⁇?「わん…?何だわん…?」

犬J「あ!部屋の中から犬Kの声がするわん!」

犬L「きっと今の叫び声で起きたんだわん!」

犬C「あの、犬K!扉の鍵を開けてほしいんだわん!」

犬K「扉の鍵?分かったわん!」


ガチャ

犬D「やったー!開いたわん!」

犬E「それじゃあ中に入るわん!」

お助けワン「わん!子ハートワンがいるわん!」


子ハートワン「わん!わん!」

…何か全部解決しちゃいましたね。

ということで僕は家に帰りたいと思います。



はい!帰宅しました!

それにしても子ハートワンはどうやって庭から逃げたんでしょうか?

いろいろ気になるところはありますがとりあえず…

終わり良ければ全て良し!

ですね。

それでは終わります。さようなら!

クリックしてね!だいぶ順位下がったけどクリックしてね!