概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→お助けワンのクリスマス
前→教科書2と仲田さん 




皆さんこんにちは、弟です。

もうこのシリーズ3本目ですが、多分今回で完結します!

ただ長くなっちゃうので簡潔に終わっちゃうかもしれませんけど。

…完結だけにね!

っと。そんなくだらないダジャレを言っている暇などないので、早速ねこAの所に向かいたいと思います!

あと、ジムで戦えるように一応ミーモモゲームも持っていきますね!



はい!ねこAの施設につきました!

ってあれ?扉の前に織物を着た二人の人がいます。

もしかしたらこの人たちが僕に電話をかけてきたんでしょうか?

一旦話しかけてみますね!

僕「言われた通りに来てみたんですが、あなたたちが僕に電話をくれた人ですか?」

???「うん。そうだよ。」

???「電話でも言ったけど、教科書1を貸してくれない?」

僕「はい!これですか?」

???「そうそう。ところでこれって、もしかして店で買った?」

僕「あ、はい。」

僕(あれ?ねこばらマンも同じこと聞いてきたような…)


???「へぇ~…もしかして、西暦の下2桁が『16』の年に買った?」

僕「うーんと、教科書を買ったのは…2015年…?いや2016年だっけ…?いや2017年かも…」


???「あ、覚えてない?」

僕「はい。忘れました!」

???「まあいいや。織姫!これを使って季節の転換を直しに行こう!」

僕「織姫?」

織姫「そう!私が織姫!そしてこっちが彦星っていうの!」

彦星「っていうか七夕のこと知ってるならもう僕たちがどんな人かわかるよね?」

僕「え?七夕に出てくるのは織星と彦姫じゃないんですか?」

織姫「…え?織星?彦姫?」

彦星「…まぁとりあえず宇宙に行こう!」

織姫「う、うん…」

そういうとあの二人は飛んでいっちゃいました。

何だったんでしょうか?

まぁついでに動物たちに挨拶してきますね!



3

犬B「あ、弟だワン!」

ねこB「一昨年はありがとうにゃん!おかげでねこAもぐっすり休めてるにゃー!」

犬B「そうそう!ウサギA達がいた部屋で休んでるワンよ!」

ねこB「正直ウサギA達がうらやましいにゃー…あのねこAが自分の部屋にいるにゃんよ!?あれほどすごいことはないにゃー!」


うさぎたちの部屋はこの廊下のすぐ隣の部屋ですよね。行ってみましょうか。



9

はい!着きました!2匹がいますね!

でもねこAがいないような…ちょっと2匹に話を聞いてみましょう。

ウサギA「ねこA?それなら今トイレに行ってるぴょん。」

ウサギB「多分もうすぐ帰ってくると思うぴょん。」


トイレですか。では帰ってくるまで持ってきたねこばらGoをやりましょう!

…とりあえず開いたんですが、またアップデートで色々変わってますね…。

あ!このジム伝説のねこばらパパがいます!

名前はねこツーです!強そうなので手に入れたいところ!

戦闘…START!

とにかく連打です!苦手な連打を極めましょう!

最初の手持ちねこばらパパはネコキング!

水タイプエスパータイプなので特にタイプ効果はないですが…NP的に押されてます!

やばいです!頑張れネコキング!

ネコキングっていう名前なだけにねこの王様なんでしょ!頑張ってくださいよ!

ねこA「にゃ~。ただいまにゃ~。ってあれ?弟にゃ?」

ウサギA「あ!お帰りぴょん!」

ウサギB「今は弟もいるぴょん!」


あれ?今何か物音がしたような…まあ続けますね!

ウサギA「弟、ねこAが帰ってきたぴょんよ!」

あー!ネコキングが倒れちゃいました!2匹目のゴーニャにかけます!

ウサギB「だめぴょん。今はゲームに集中してるっぽいぴょん…」

ゴーストタイプエスパータイプに強いので多分大丈夫です!

でもNPは相手の方が多いので五分五分ってとこでしょうか。頑張ってゴーニャ!

おお!一人だけなのに相手のHPを今半分くらい削れてます!

普通伝説のねこばらパパは複数人で行うレイドバトルっていうので戦うんですが…一人でも案外行けるもんですね。

まあ値段的に絶対誰も買わないのであの2人が弱くしてくれてるのかもしれませんが…

ってああ!そんなこと言ってる間にゴーニャがやられちゃいました!

こうなったら3匹目のニャンキーです!

ねこA「弟!まだにゃんか?」

ってあー!そういえば格闘タイプエスパータイプに弱いんだった!

ウサギA「聞く耳なしぴょん。終わるまで待つしかないぴょん。」

駄目ですね…全然ダメージを与えられません。もう倒れちゃいそうです…。

ウサギB「うーん…なんだかトイレに行きたくなってきたぴょん…」

ねこA「今度はウサギBにゃん?まだ終わるまで時間かかりそうだし、行ってきていいにゃんよ!」

ウサギA「…あ!そういえばねこBから聞いたぴょん!ねこAが裏口のトイレを知ってるとか何とか…」

ウサギB「裏口⁉行ってみたいぴょん!案内してぴょん!」


ねこA(にゃん⁉あの2人に言ったことがここまで届いてたにゃん⁉)


ウサギB「ねこA?どうしたぴょん?」

ねこA(どうしようにゃー…今頃嘘だなんて言えないにゃー…)


ウサギA「あ!そういえば裏口に行くととてつもなく時間がかかるとも言ってたような気がするぴょん!」

ウサギB「時間がかかる?裏口は遠いぴょん?」


ねこA「そ、そうにゃん!もしかしたら行ってる間に弟のゲームが終わっちゃうかもしれないから普通のトイレでいいにゃん!」

ウサギB「分かったぴょん!」

あー!ニャンキーも倒れました!こうなったら4匹目の…

ライニュウ!

これはネコッターで呟いてませんが、卵から生まれたあのピニューを2回進化させました!

まぁそれはともかく、タイプ的に何も相性はありませんが、NP的にネコキングの二の舞になりそうですね…

あー!もうやられちゃいました!

ってことは5匹目の…

ネッタ!

これはねこばらGoを初めてやった時に捕まえたあのネコッタを進化させたものです!

でもタイプ的に相性が何もないのでまたやられちゃいそうですね…

あー!やられました!でも結構耐えてましたよ!

お陰でねこツーの体力は残り1/4です!最後のねこばらパパが頑張ってくれればまだありますね!

うーんと…最後のねこばらパパは…あ!

メタニャンです!

メタニャンは相手のねこばらパパに変身することができます!

これはおそらく余裕でしょう!

…はい!勝てました!

1人でも行けるもんですね!とりあえずこれでゲームを終わります。

ウサギB「ただいまぴょん!」

ウサギA「あ!お帰りぴょん!どうやら弟も今ゲームが終わったみたいだぴょん。」

あれ?ねこAがいます。いつの間にか帰ってたんですね。

あれからどうしてるか聞いてみましょう!


ねこA「あれからは動物たちにいつ記事更新されるか疑われることもないし、みんな優しくしてくれるにゃん!これはねこBと犬Bからもらったものだにゃん!」

お!スマホをもらったらしいです!

ねこA「これを使えば色んなアプリができるし、ねこばらブログファンクラブの様子ものぞけちゃうにゃん!」

ウサギA「そうぴょん!今ねこばらブログファンクラブの管理人はねこAだったぴょんね!」

管理人ですか!すごいですね!

ねこばらパパが急に豚になるくらい凄いです!

ねこA「あと犬C~Lからはこのマフラーをもらったにゃん!」

マフラー?寒いからでしょうか?

ねこA「これで縄跳びしてダイエットしてってことらしいにゃん!」

マフラーで縄跳び⁉なんだか聞いたことがある方法ですね…

ねこA「どうやら6903億7円もしたらしいにゃん!高いにゃん!」

それって店で売ってたあのマフラー⁉あれを買うなんてすごいですね…。

ねこA「そしてねこRからはこのクリックタオルを貰ったにゃん!」

クリックタオル⁉どうやらタオルにランキングが描かれたものみたいです。

ねこA「このタオルに描かれたランキングをクリックすると本当にクリックしたことになるにゃん!」

魔法みたいなタオルですね…どうやって作ったんでしょうか?

ねこA「あと子犬Aと子犬Bからはこの巻き尺をもらったにゃん!」

巻き尺?きっとあの体育館からここまでの距離が気になってるんでしょうね…

ねこA「最後に、ねこCと犬Rからはこの時計を貰ったにゃん!」

おお!いつも寝てるあの二人もいいものをくれますね!

ねこA「ってあれ?この時計、『タイムスリップしたら押してにゃん!』って書いてあるボタンがあるにゃん。一体何にゃん?」

タイムスリップ…?何のことでしょうか?

あ!そういえば時空については変なねこと変ないぬが助けてくれる」という文が教科書にありましたよね。

あの二人はいつも丸まってる変な動物だし…もしかしたら関係があるかもしれないです。



とりあえず用も済んだことだしねこAの建物を出て、家に帰りました!

そういえば今日はクリスマスですよね!

このシリーズを簡潔に完結したので、明日クリスマスの記事を更新します!

…多分。

それでは終わります。さようなら!

ぜっっっったいにクリックしてね‼ね!?本当にお願いします!




織姫「やったね!ついに教科書を手に入れたよ!」

彦星「早速季節の転換のページを探そう!」

織姫「…ってあ!なんとなく707ページを開いたら季節の転換のページがあったよ!」

彦星「お!本当だ!って…あれ?詳しいことが全然載ってない!」

織姫「そうだね…やっぱり2じゃないと駄目かな?」

彦星「うん…一応何かに使うかもしれないからここのページだけ折り曲げておくね。」




Coming Soon…