概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→5日。
前→ねこばら運動会~2018~ 5
4→ねこばら運動会~2018~ 4
3→ねこばら運動会~2018~ 3
2→
ねこばら運動会~2018~ 2
1→ねこばら運動会~2018~ 1
去年(途中まで)→
ねこばら運動会~2017年~1
        ねこばら運動会~2017年~ 2
        ねこばら運動会~2017年~ 雑談編
一昨年→ねこばら運動会~2016~ 1
    ねこばら運動会~2016~2
    ねこばら運動会~2016~3
    ねこばら運動会~2016~4
    ねこばら運動会~2016~5    
    ねこばら運動会~2016~6
    ねこばら運動会~2016~7
    ねこばら運動会~2016~8
3年前→
ねこばら運動会  




No.5 ねこばらダジャレ

というわけで前回から引き続き
ねこばら運動会です!

今回は毎年恒例の
ねこばらダジャレです!

ミーちゃん「毎年恒例って…去年やりましたっけ?」

去年もやる予定だったんですよ!中止になったせいで出来ませんでしたが…

とりあえず、覚えてると思いますが
ルール説明です!

この競技では各チーム1人ずつダジャレを言います!

審判にそれを聞かせて、審判の一番納得のいったチームが勝ちとなります。

ちなみに一人でもダジャレを言っていない人がいたらそのチームは失格です!

また、一昨年や二昨年に言ったダジャレをいうのは禁止とします!

分かりましたね?

ねこばらパパ「よくわかりませーん」

またですか…?それなら
この記事を見ておいてください!

ねこばらパパ「よし、一昨年の記事を載せることで他の記事の宣伝ができる作戦成功!」

ん?何か言いましたか?

ねこばらパパ「いや、何も言ってませんよ!」

おk。それでは始めます!

まずは
キャラクターチームのダジャレを聞いてみましょう!

お助けワン「わん!」

ミーちゃん「僕の
しゃれはおしゃれだよ!」

モモちゃん「は商品を審判に渡してみる!」

あれ?お助けワンはダジャレを言わないんですか?

お助けワン「言ったワン!」

言ってないじゃないですか。ただ吠えただけですよ。

お助けワン「あの、これは一番最初にダジャレを言ったのとかけたんだワン!『1』は英語で『ワン』。つまり吠えたのとダジャレを言う順が関係してて…。」

よく分からないので次行きましょう!

次は
大人チーム

ねこばらパパ「にゃん!」

ねこばらの花束の人「から束が出てくる。」

いぬばらパパ「僕はパパ。嫌なフルーツははパパイヤ。」

あれ?ねこばらパパはダジャレを言わないんですか?

ねこばらパパ「何かお助けワンが最初に吠えてたからこのチームも最初に吠えた方がいいのかと思いました。」

いや、別に吠えなくてもいいです…。

それでは最後にこどもチームのダジャレを聞きましょう!

僕「キジ木地にパン生地を塗りながら記事を書く。」

姉「が言った。『あーね。』」

    おとう
上の弟「弟と
さん。」

お、普通のダジャレを3人とも言いましたね。

それでは全チームの採点をしましょう!

まず大人チームはダジャレを言ってない人がいたため失格

ねこばらパパ「えー⁉何でですか!?そんなの聞いてません!」

ルール説明の時しっかり説明しましたよ…。

次にキャラクターチームお助けワンが意味わからなかったため失格。

お助けワン「なんでワン!?1と鳴き声をかけたんだワン!わかるワンよね!?」

…なので生き残ったこどもチームの勝利となります!

ミーちゃん「あの、残りの競技ってどんくらいあるんですか?」

唐突ですね…

残りは3戦です!

あと3回戦ったら閉会式を行い運動会は終了です。

僕「あ、やっと終われるんですね。」

何でそんなやりたくなさそうな言い方なんですか!?

僕「もうそろそろシリアス方面に突っ込みたいんですよ。こんな大会やってる暇あったら本当そっちを進めたいくらいです。」

なるほど、早めに終わらせたいんですね…。

って、だから2日連続で記事を投稿してさっさと済ませようとしてるんですか!?

僕「それは違いますよ!1位になりたいからです!」

あ、なるほど。

続く…

クリックしてね!本当に1位になりたいんです!クリックしなきゃ僕があなたを洗脳して世界征服をあなたの夢にします!しかしあなたは世界征服の意味を世界の制服を集めることだと勘違いしていました。なので制服を買うためのお金をバイトして溜めようと、コンビニで働きます。するとあなたが接客をしているところにコンビニ強盗がやってきてコンビニのお金を盗もうとしてきます。しかしそこに店長が現れてなんとかそれを阻止します。コンビニ強盗は悔しそうに帰っていき何とかお金を盗まれずに済みました。次の日、あなたはまたコンビニで接客をしています。するとそこにまたコンビニ強盗が現れます。顔を見てみると昨日の強盗と同じ顔です。2日連続で強盗しに来るなんて許せないと思ったあなたは商品を68016個くらいコンビニ強盗に投げつけます。コンビニ強盗はかなり痛がっていたため素直に謝り、帰っていきました。…と思いきや!さっきあなたが投げつけた68016個中の68015.2653個を万引きして帰っていきました!残ったのは0.7347個だけ!それに気づいたあなたはコンビニ強盗を一生恨むことにして、接客をすっぽかしてコンビニにあるパーソナルコンピューターでコンビニ強盗の家の特定を始めました。ついに特定できたあなたは急いでコンビニ強盗の家に行き、窓ガラスを割り、家に潜入しました。そこにはさっきのコンビニ強盗がいました。あなたはコンビニ強盗に気づかれないようそーっとコンビニ強盗に近づき…サッ。盗まれた68015.2653個の商品が入ったバッグを取り返しました。そこから気づかれないようさっき割った窓ガラスから外に出ようとしますが…。「いたーい!」あなたはこう叫んでしまいました。割れた窓ガラスの破片を踏んでしまったからです。その声に気づきコンビニ強盗はあなたのもとにやって来ました。逃げようとしますが足が痛くて逃げられません。するとコンビニ強盗が一言。「足大丈夫?絆創膏貼ってあげるね。」ん?そうです。家に不法侵入したことに全く怒っていないんです。コンビニ強盗は絆創膏を取りに行きました。その間にあなたはこう考えました。「もしや、絆創膏を取りに行くと言っておきながら包丁を取りに行ってるんじゃ…」あなたは今すぐその場から離れようとしましたが、足が痛くてやっぱり動きません。するとそこに絆創膏を取りに行ったコンビニ強盗が戻って来ちゃいました。もう終わりだと思ったその時!コンビニ強盗は普通に絆創膏を貼ってくれました。そして、あなたがもってる68015.2653個の商品が入ったバッグを見て…「あ、それお兄ちゃんが盗んだ品だね。取り返しに来たんだね。」といいました。実はさっきコンビニに来たコンビニ強盗はこの子の兄で、この子はただの優しいこどもだったようです。兄弟で顔が似てて勘違いしていただけのようでした。無事足の傷も治り、あなたは68015.2653個の商品を持ってコンビニに戻りました。するとコンビニに店長がいて、あなたは店長に「どうして仕事をサボったんだー!!」と怒られてしまいます。なのでクリックしてください!