概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→祝!329記事目!      
前→ねこばらマンの家の中 中編
前編ねこばらマンの家の中 前編 




皆さんこんにちは、弟です。

めっちゃ遅れてすいません…。

は~い!こ~んか~いは!

こ~うへ~んで~す!

え~?な~んでこ~んなへ~んなしゃ~べり方か~?

そ~れは~この記事を~最後まで~見てくれたらわかります。

あ、やっと直った…。





家の中を見てみました。

!?変なものがあります!

BlogPaint
僕「何これ…。あの二人の色だけど…。」

ねこばらマン「これは、4次元のドア。この中に入ると時空を超えれるんだ。」

僕「あ。そういえば4次元って『縦と横と高さと時間』だったよね?」

ねこばらマン「え?確かにそうだけど…。君って小4だよね?」

僕「うん!」

ねこばらマン「え、あ、う~んと…。ど、どうして4次元について知ってるの?」

僕「この前図書室の本で読んだ。」

ねこばらマン「くぁwすぇdrftgyふじこlp!なるほど…。だからあの時ああだったんだ…。」

僕「?なんのこと?」

ねこばらマン「君には関係ないよ。」

僕「というかこの中入ると
時空超えれるの?超えたい!」

ねこばらマン「ダメダメ!ここに入ると過去や未来に行っちゃうわけだから…。」

僕「というかほかのところも見せてよ!この部屋は?」

ねこばらマン「そ、そっちはダメ!」

僕「あ~れ~。な~んかへ~んな喋~り~方~になっちゃった~よ~?」

ねこばらマン「う、う~んと…。」

僕「!」
BlogPaint

ねこばらマン「?どうしたの?」

僕「白黒テレビが見~えた~…。」

ねこばらマン「え?ああ、そっか。実は、お助けワンみたいに君も白黒テレビから生まれたんだ。」

僕「?さっきか~ら意~味がわか~んな~いよ?」

ねこばらマン「そっか…。あの時のことも全部記憶が消えてるもんね…。」

僕「まあい~い~や~!ほ~かに部屋はな~いの?」

ねこばらマン「それは…。普通のお風呂とかリビングとかトイレとか寝室とか…。」

僕「そ~んだけ~?」

ねこばらマン「…そ~んだけ~。」

僕「とい~うかこれいつ治~るの?」

ねこばらマン「…1週間後。」

僕「ちょち~ょ!学校こ~の喋り方~…!?」

ねこばらマン「…」

僕「…」

(少し間をおいて)ねこばらマン&僕「…」


クリック!クリック求む!クリックしないと4次元のドアに入れちゃうよ!!!