今回はリクエストがあったので浦島太郎です。

 「ねこ島太郎」
むかしむかし、ある村に、心のやさしいねこばらパパがいました。
その人が海辺を通りかかると、子どもたちが大きなカメを捕まえていました。
 そばによって見てみると、子どもたちがみんなでカメをいじめています。
「おやおや、かわいそうに、逃がしておやりよ」
「いやだよ。おらたちが、やっと捕まえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ」
 見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、そのねこばらパパをを見つめています。
ねこばらパパはお金を取り出すと、子どもたちに差し出して言いました。
「それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメを売っておくれ」
「うん、それならいいよ」
 こうしてねこばらパパは、子どもたちからカメを受け取ると、
「大丈夫かい? もう、捕まるんじゃないよ」
と、カメをそっと、海の中へ逃がしてやりました。

 さて、それから二、三日たったある日の事、ねこばらパパが海に出かけて魚を釣っていると、
誰かが呼ぶ声がします。
「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」
「わたしですよ」
 すると海の上に、ひょっこりとカメが頭を出して言いました。
「このあいだは助けていただいて、ありがとうございました」
「ああ、あの時のカメさん」
「はい、おかげで命が助かりました。ところであなたは、竜宮へ行った事がありますか?」
「竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」
「海の底です」
「えっ?私は海で泳いでいると、体重が重すぎて、よく海の底にしずむけど、竜宮は、見たこともないよ」
「そうですか。わたしがお連れしましょう。さあ、背中へ乗ってください」
「いや、背中に乗る必要はない。だって、乗ると君がつぶれてしまうよ。案内してくれないか?ついていくから」
ねこばらパパはそのカメについていきました。
「わあ、きれいだな」
 ねこばらパパがウットリしていると、やがて立派なお城へ着きました。
「着きましたよ。このお城が竜宮です。さあ、こちらへ」
 カメに案内されるまま進んでいくと、この竜宮の主人の美しい乙姫さまが、色とりどりの魚たちと一緒にその人を出迎えてくれました。
「ようこそ、わたしは、この竜宮の主人の乙姫です。このあいだはカメを助けてくださって、ありがとうございます。お礼に、竜宮をご案内します。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」
 ねこばらパパは、竜宮の広間ヘ案内されました。
 ねこばらパパが用意された席に座ると、魚たちが次から次へと素晴らしいごちそうを運んできます。ねこばらパパは喜んで食べました。
 ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、タイやヒラメやクラゲたちの、それは見事な踊りが続きます。
 ここはまるで、天国のようです。
 ねこばらパパは、ごちそうが食べたいので
「もう一日、もう一日」
と言い、竜宮にいました。
 ある時、乙姫は、はっと思いました。
(もしかしたら、このままだと食料がなくなる)
 そこで乙姫は、ねこばらパパに言いました。
「ねこばらパパさん、もうそろそろ帰ったらどうですか?」
「あと一日・・・。あなたがよろしければ、このままここで暮しては」
「いいえ、あなたの帰りを待つ者もいると思いますので」
 するとねこばらパパは、さびしそうに言いました。
「・・・そうですか。それはおなごりおしいです。もうごちそうが食べれないなんて・・・」
「では猫手箱をさしあげましょう」
「猫手箱?」
「はい。この中には、開けなければそのままの体型でいれます。絶対に開けないで」
 「はい、わかりました。ありがとうございます」
 乙姫さまと別れたねこばらパパはカメ五匹に送られて地上へ帰りました。

 地上にもどったねこばらパパはお腹がすきました。
 「このままだと、細くなってしまう・・・」
 がっくりと肩を落としたねこばらパパはふと、持っていた猫手箱を見つめました。
「そう言えば、乙姫さまは言っていたな。
 この猫手箱を開けなければ、そのままの体型。
 ・・・もしかしてこれを開けると、ごちそうが入っていて食べると体型が太くなり、ねこばらの花束になれるのでは・・・」
そう思ったねこばらパパは、開けてはいけないと言われていた猫手箱を開けてしまいました。 モクモクモク・・・。
すると中から、まっ白のけむりが出てきました。
そして、体型が変わっていうではありませんか。
ねこばらパパがなりたかったのはねこばらの花束、
でも、ねこばらパパがなったのは、すごーく、細い人。
ねこばらパパは乙姫の言うことを聞いておくんだと、後悔しました。

クリック

人気ブログランキングへ