ねこばらblog

背中が丸いのは猫背!お腹が丸いのは『ねこばら』。お腹がぽっこりしてきたパパは『ねこばらパパ』。そんなねこばらパパと、ママ、娘の私(12)、上の弟(11)、下の弟(6)の家族ブログです!ねこばらパパ、目指すのは『ねこばらの花束』、嫌いなのは『細くてすごく筋肉のある人』。私達3人姉弟はねこばらパパのお腹をけなします!

2017年07月

概要欄
初めて見る人へ→ みる人へ
再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→毎日投稿?何それおいしいの?      
前→攻めよう!記事投稿!後編 




皆さんこんにちは、弟です。

10日間が開きましたね…。だって投稿するのがめんどk…。

じゃなくて!時間がないから投稿できないんですよねー

まあ夏休みですよ!このブログも夏休み気分になりましょう!

というわけで今日から8月31日までは!

復活させます毎日投稿!!!

夏休み…。意外と暇なんですよね。

1日1時間宿題をやったとしても…かなり時間が余ります。

余った23時間を全てこのブログにぶち込めます!

…あ、この内の8時間くらいは睡眠に使いますね。

23時間ずっとブログをやって…寝れないじゃないですか!

あとは3回のご飯とお風呂と歯磨き、その他もろもろ含めて…。

ブログに使う時間は短くなりますね。

てな感じで行くと!毎日数記事投稿もできるかもしれませんね!

記事づくりも難しいことでもないので!

はい!記事に関しては問題ないですね。

「記事」に関しては…ね。

はい。記事以外についてです。

ネコッターですよ!ネコッター!

全然書いてないんですが、これも去年みたいに戻します!

そう。何故こんな風になってしまったのか。

一番の原因はメンテナンス期間です!!!!!!!

昨年の12月にやったメンテナンス期間に記事を全く更新していなかったせいでそれの癖がついてしまったのです。

あと今日で、概要欄の「次→」の部分に無い記事、
再生リストに追加されてない記事、
ねこばらWikipediaに追加されてない内容…

この3つ全部終わらせます!

もうすぐ16時になりそうな現状ですが、この3つ全て終わらせると17時半になりそうです。

なぜわかるかというと、バレンタインスペシャルの時にこの3つ全て終わらせた時かなり時間がかかったからです。

なので今日はこの1記事だけです。

記事はこれで終わって、今日は記事以外のことに力を使いたいと思います!

それでは終わります。さようなら!
 

概要欄
初めて見る人へ→ みる人へ
再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→夏休みだね!毎日投稿復活です!      
前→攻めよう!記事投稿!前編 




前回からの続きです!珍しく今日2記事目!

まずは、次元から説明しましょうか。

知ってる人は見なくてもいいですよ!

ちょうど夏休みの本として、次元についての本を借りているので、それを参考に書いていきます。

あ、ちなみに、宇宙人は4次元生物という感じで書いていきますよ。




この地球には、縦、横、高さがありますね。(これを立体といいます)

これを1要素ずつ次元として考えると、3次元となります。

そう、この地球は3次元です。

このブログは、4次元という言葉がよく出てきてますね。

すると、もう1つ要素があることになります。

それはいったい何なのか?1次元から順に考えていきましょう。

まず、1次元空間に、1次元生物がいたとしましょう。

1次元は、縦だけの世界です。

すると、1本の直線だけの世界になります。

すると1次元生物はどこまでも果てしなく続く世界だと思います。

しかし、その直線に点が二つ、1次元生物を挟むよう置かれてしまったらどうなるでしょう。


ー=その次元の空間

|その次元の生物

。モノ


      。            |          。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



するとその世界は、とても狭くなってしまいます。

しかしそれをみた2次元生物はこう思います。

「どうして横から回らないんだ?」

2次元生物は縦と横の次元です。

なのであのような点を打たれても、横から通れます。

しかし、四方を囲まれてしまっては、手も足も出ません。

3次元生物なら手と足は出ます!

その点を、もう1次元の高さを使って乗り越えます。

しかし、天井をふさがれてはどうしましょう。

手も足も…。いや、4次元生物なら出る…?

地球の3次元生物は、3次元生物だから4次元の件に関しては全く分からないと言われています。

本当にそうなのでしょうか・・・?

…別の考えにしましょう。

1次元空間に2次元生物以上の生物は入り込めるのでしょうか。

それは無理です。2次元生物は、縦と横がある生物です。

縦と横がある生物が、縦しかない世界には入り込めません。

それと同様、縦と横と高さがある生物は縦と横だけの世界には入り込めません。

なので4次元生物は、この3次元空間には入り込めません。

…3次元空間?

ここは本当に3次元空間なの?

逆に考えましょう。1次元生物が2次元空間に入り込めますか?

…入り込めます。

縦しかない生物が、縦と横がある空間に入り込めるのは当たり前ですね。

このように考えると、3次元生物は4次元空間に入り込めることになります。

だから、僕たちが3次元生物であっても、ここが4次元空間の可能性もあります。

4つの要素があるのに、3つの要素しか使えていないということですね。

2次元空間には高さがありません。

3次元空間に2次元生物がいると、高さがあるのに使えない。

これはとても重要なことです。何故かというと、ここでも同じことが考えられるからです。

最初の考えに戻りましょう。

前後左右天井全部をふさがれた3次元生物。

もしそこが4次元空間だとしたら、逃げ道は絶対にどこかに隠されています。

なので、いずれはそれを発見し、脱出できます。

…なので、地球人(3次元生物)はその後もいろいろな科学を進めました。

そうして発見されたのがこれです。

「4次元は…。時間!!!」

考えましょう。僕たちは、前後左右上下自由に動けます。

しかし、時間は1方向にしか進みません。

宇宙では、ブラックホールの近くでは時間が止まることがあると言われています。

そして、ブラックホールに吸い込まれると時間が戻る…。

だから「時間」…。おや?

もう1度考え方を戻しましょう。

1次元生物は縦しかなく、横を知らない。

2次元生物は縦と横があり、高さを知らない。

3次元生物は縦と横と高さがあり、時間を…。知ってます。

僕たちは待ち合わせするとき、〇時〇〇分という風に、3次元以上の時間という要素を使ってます。

だから僕たちは3.5次元生物…?

まず「時間」というものを知っている時点で3次元生物ではありません。

しかし「時間」というのを操れないから4次元生物ではありません。

ならばやっぱり3.5次元…。しかありえませんね。

これから先の科学で、もっといろんなことが明かされていくかもしれません。




ってなかんじですね!

最後にまとめてみましょうか!

1.縦横高さ時間という、4つの次元がある。

2.この地球が3次元空間とは限らない。

3.地球人は、3.5次元生物。

4.空間は、時間と共に動いている。

こんな感じです!

今回参考にしていただいた本は、

「こども天文教室」星と宇宙 作  前田 光

という本です。

今紹介したことなんて、この本のほんの一部にすぎないので、皆さんも是非是非読んでください。

その他、子ども天文教室には様々な種類の本があるので、そちらもできれば読んでくれるとうれしいです。

もしかしたら前田 光さんがこれを見てくれているかも…って、そんなわけありませんね。

それでは終わります。さようなら!

概要欄
初めて見る人へ→ みる人へ
再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→攻めよう!記事投稿!後編      
前→七夕って…。なんて読む? 後編 




皆さんこんにちは、弟です。

もうすぐ夏休み!宿題の量が少ないので投稿してます!

明後日終業式なので、そこらへんからフィーバータイムになっていきます!

ぜひぜひクリックをお願いします!

ランキング上位に入りたいです。

今の順位が5位ですね!この前3位だったので、夢の1位もすぐそこです!

この前、このブログが新章に入ったと言いましたね。

いや、書きましたね。

そこらへんに関しては、9月の2学期明けから始めたいと思います!

最近奇妙なことが多いですもんね。

あと、僕は前も言いましたがYouTubeを見ています!

そして前も言いましたが学校の図書室で色々な本を借りてます!

それも全部理数系!!(主に理科、数学は1冊だけ。)

なので色んな情報を仕入れてきてます!

これからこのブログを進行するにあたり、難しい言葉も出てきます。

というか、もうでてきてますもんね。

なので今から、知らない人のために説明します!

TUDUKUYOー!

クリックお願いします♪

概要欄
初めて見る人へ→ みる人へ
再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→攻めよう!記事投稿!前編      
前→七夕って…。なんて読む?前編 




皆さんこんにちは、弟です!

もうすぐ夏休みです!連休なので、たくさん記事が書けますよ!

なので、夏休みになる前に七夕については終わらせちゃいます!

前回からの続き!やっていきますよ!

テンション高くしすぎて疲れた…。




仲田さんのところに行くついでに、「七夕」がなんて読むか、みんなに聞いてみましょう!

ねこばらマン「『たなばた』でしょ?」

お助けワン「『たなばた』だワン!」

…その他にも聞いてきたんですが、みんな同じ反応でした…。

よって、七夕は!

「ななゆう」でも「しちゆう」でも、「ななた」でも「しちた」でも、「タタタタタタタ」でもなく!

「たなばた」です!

…当たり前ですね。

じゃあ仲田さんのところに行きましょう。

あ、確認の意味も込めて仲田さんにも「七夕」がなんて読むか聞きに行きますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ねこばら会社にやってきました!

う~んと…。あ、いた!

仲田さんに色々話しました。

仲田「あれ?なんだか聞き覚えがある話…。」

ミーちゃんモモちゃんがもともといた平行世界と、ここの平行世界は、ちょっぴりの行動が変わっただけの平行世界みたいですね。

仲田さんを連れてきました。

しかし…。

ミーちゃん「あ、弟!どうしたの?」

僕「え?」

モモちゃん「あれ?仲田さん?どうしたの?」

仲田「いや…。別に…。」

僕(元の二人に…。戻ってる?)

仲田「弟…。多分私たちがうろちょろしている間に、元の世界に戻れたんじゃ?」

僕「そっか…。じゃあ!
  3人に聞きます!『七夕』って…。
  なんて読む?

ミーちゃん「たなばた」

モモちゃん「たなばた」

仲田「たなばた」

「たなばた」でした。。。


明けましておめでとうございます!今年で2013年! 
 
 
 
(?)

概要欄
初めて見る人へ→ みる人へ
再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→七夕って…。なんて読む? 後編      
前→ねこばらパパといぬばらパパの不思議いっぱいの話 リメイク版 




???「う~ん…。ここは?」

???「う~んと…。7月7日…。七夕!?」

???「しかも、2017年…。」

???「もしや…。ここは異世界ってやつ?」

???「異世界って、パラレルワールドとかいうやつ?僕たちがいる世界と同時に動いてる、平行世界?」

???「ど、どうしよ…。確か私たち、仲田さんと機械の実験してて…。」

???「多分、その機械が原因だよ…。どうにかしてこの世界にとっての平行世界、僕たちの世界に戻らなきゃ…。」

???「それなら…、今日は七夕なんだから、それをたんぞくにかこ…。」

???「たんざくね…。」

???「あはは…。」

???「でも、七夕についてがこの世界にあるかどうかわからないよ?」

???「この世界も宇宙にあるでしょ?それなら七夕についてもあるはず。」

???「そう…だね。織姫と彦星を信じよう…。」






皆さんこんにちは、弟です。

はい!今日は七夕!

…え?2日遅い?

分かってるでしょ!僕が当日に投稿するわけありませんよ!

まあ今回、七夕についてみんな(ブログ内キャラ)に聞きに行くわけですが…。

「七夕」って…。

なんて読むんですか?

いや、「たなばた」でしょ!と思っている人いますよね!?

僕もそう思います。

でも、本当にそう読むのかについてインタビューしに行きます。

ではGo!



まずはあの二人から!

早速家に入ってみます!

僕「すいませ~ん…。」

ミーちゃん「うわ!だ、だれ?」

僕「?」

モモちゃん「ミーちゃん!この世界の私たちの知り合いだよ!」

ミーちゃん「あ、う、うん。そ、そーだね。」

僕「二人ともどうしたんですか?あ、きっと商品を3連続で見てなかったから?それならついでに…。」

モモちゃん「い、いや、そうじゃないんですよ。」

僕(あれ?なんで敬語なんだろう…。)

ミーちゃん「あっと、えっと…。あ、あなたさんの名前は何ですか?」

モモちゃん「あ、あなたさんはないって!あの~…。」

ピリリリリリ…。

ミーちゃん「あ、仲田さんからの電話…。」

僕「え?仲田さんって、二人を作った人ですよね?」

モモちゃん「え!?どうしてしってるの?」

僕「え?二人から一昨年教えてもらいましたよ?」

ミーちゃん(電話中)「あ、もしもし。今ちょっと異世界に行っていまして…。
          あ、あの。
仲田さんの世界とは違う平行世界パラレルワールドですよ!
          はい。その機械で行ってしまったと思われます。
          そうです。僕たちで何とかして戻ります。
          なので待っててください。さようなら。」

モモちゃん「ど、どうだった?」

ミーちゃん「いや…。全く何も…。」

モモちゃん「そんなぁ…。ここに何か手掛かりないかなぁ…。」

ミーちゃん「そうd…。こ、これは!

モモちゃん「どうしたの…?え!?!?!?教科書が…。ある?」

僕「なるほど…。電話の内容で大体わかったよ。二人はこの世界とは別の二人なんだね?」

ミーちゃん「う、うん。」

僕「ちなみにその教科書はこっちの世界で去年二人にあげたんだよ。」

モモちゃん「そ、そうなんですね…。とりあえず、ここにいてもしょうがないと思うのでかえっていいですよ。」

僕「…。あ、せっかくだからここに仲田さんを連れてきますね!」

ミーちゃん「は、はい…。ありがとうございます。。。」


ランキング3位になりました!もっとクリックしてください!

このページのトップヘ