ねこばらblog

背中が丸いのは猫背!お腹が丸いのは『ねこばら』。お腹がぽっこりしてきたパパは『ねこばらパパ』。そんなねこばらパパと、ママ、娘の私(12)、上の弟(11)、下の弟(6)の家族ブログです!ねこばらパパ、目指すのは『ねこばらの花束』、嫌いなのは『細くてすごく筋肉のある人』。私達3人姉弟はねこばらパパのお腹をけなします!

2013年10月


視聴率 (ウィキペディアより)

視聴率の測定は基本的に、モニター世帯に設置されるテレビに接続した専用の機器から得られるデータを基にしている。地域や調査内容によっては、日記式のアンケートによる調査を行っているものもある。

「視聴率」はその時刻にテレビの電源が入っていた世帯からの割合で測るものではなく、調査対象世帯全体に対する割合である。例えば、100世帯がテレビ視聴率計測の対象だったとして、その内1世帯がテレビをつけていたとする。しかし、残りの99世帯がテレビを消していた状態の場合、つけていた1世帯が視聴していた番組の視聴率は100パーセントではなく1パーセントとなる。電源が入っていた世帯からの割合で測る場合は、それぞれの局の割合を「番組視聴占拠率」と呼ぶ。

平均視聴率は毎分0秒の時の視聴率(瞬間視聴率)の平均で求められており、一番組中で最も高かった瞬間視聴率をマスコミ用語で瞬間最高視聴率として考慮することもある。

なお瞬間視聴率、瞬間最高視聴率という言葉はマスコミによる造語[1]で、「ビデオリサーチ」ではそれぞれ毎分視聴率、毎分視聴率の最高値という。

視聴率というものを調査する意義は、大きく分けて

  • 各種番組の視聴率から、国民の関心の高さを探る
  • 視聴率の移り変わりから社会の動きを知る
  • テレビの媒体力や広告効果のひとつの指標として提示することで、利用スポンサーに対して広告料をもらう根拠とできる

といったものがある。

日本では、測定する有力会社が「ビデオリサーチ」1つのみになった2000年3月以降、同社の調査結果が世帯視聴率とされている。「ビデオリサーチ」の場合、機械式の視聴率調査は関東関西名古屋札幌仙台福島新潟静岡岡山香川広島北部九州の11地区で毎日、青森岩手秋田山形富山金沢長野山陰鳥取島根)、山口愛媛高知熊本長崎大分鹿児島沖縄の16地区で毎月の月始め2週間、それぞれ調査期間を設けて調査を行っている。標本数は関東、関西、名古屋の3地区で600、それ以外の地区は200である。なお、放送エリア内に地元民放テレビ局が3局以上あることが機械式視聴率調査の条件のため、福井山梨徳島佐賀宮崎では機械式視聴率調査は行われていない。[2]

また、衛星放送ケーブルテレビ地上独立テレビ局などは一括して「その他の局」という扱いとなり、個別の数字は特に公表されていない[3]が、NHK BSスポーツ中継NHK BSプレミアム移行後の連続テレビ小説大河ドラマ八重の桜』などはマスコミによって公表されている。また、録画による視聴(録画率)やパソコンによる視聴はカウントされていない(ただし録画率ランキングがある)。地上デジタル放送については、2003年12月の開始当初は対象外[4]としていたが、普及に合わせてデジタル対応の調査機器への更新が進められた[5]

一般に関東、関西、名古屋地区などで、ゴールデンタイムで15パーセントを超えるとヒット作と言われることが多く、逆に10パーセントを切ると「一桁」として視聴率が低迷していると言われることが多い。それは、テレビの総視聴率が最も高い時間帯である19時台-22時台で総視聴率は約70パーセント、それを単純にNHK2波と民放5局の合計局数で割ると10パーセントになることからである。

民間放送各社はこの数値が広告の営業活動に大きくかかわることから視聴率を重視している。主に受信料で成り立つ公共放送日本放送協会(NHK)も同様に重視している。

これまでの関東地区における最高視聴率は「ビデオリサーチ」が視聴率調査を開始した1962年12月3日以降では1963年12月31日NHK総合テレビ第14回NHK紅白歌合戦』で記録した81.4パーセントであり(1961年-2000年に行われていた「ニールセン」による調査でも『第14回NHK紅白歌合戦』の89.8パーセントが最高)、「ビデオリサーチ」以前も含めた最高視聴率は1955年5月30日日本テレビボクシング中継・パスカル・ペレス白井義男戦で記録した96.1パーセント(電通調べ)[6]である。

「ビデオリサーチ」調査では『NHK紅白歌合戦』があることなどから、年間視聴率1位はNHK総合テレビの番組ということが多い。2001年までNHK総合テレビの番組が年間視聴率1位の座を譲ったことがなかった。2002年以降は年によっては民放番組(主に国際スポーツ中継の日本戦)にその座を奪われることもある。紅白についても1997年まで年間視聴率1位の座を譲ったことがなかった。

視聴率を扱う文献は必ずしも多くないが、松本清張の『』は、視聴率を取扱い、その権力批判的な側面が発揮された作品である。





在京局歴代最高視聴率(ビデオリサーチ・関東地区調べ)
放送局番組名放送日放送時間 視聴率
01/NHK総合第14回NHK紅白歌合戦1963年12月31日
(昭和38年)
21:05 - 23:45160分81.4%
03/NHKEテレ第61回全国高等学校野球選手権大会 箕島×星稜箕島対星稜延長18回1979年8月16日
(昭和54年)
18:00 - 20:00120分29.4%
04/日本テレビ日本プロレス中継WWA世界選手権・ザ・デストロイヤー×力道山1963年05月24日
(昭和38年)
20:00 - 21:15075分64.0%
10/テレビ朝日2006 FIFAワールドカップ 日本×クロアチア2006年6月18日
(平成18年)
21:35 - 翌0:30175分52.7%
06/TBSテレビ2010 FIFAワールドカップ 日本×パラグアイ2010年6月29日
(平成22年)
22:40 -翌1:10150分57.3%
12/テレビ東京1994 FIFAワールドカップアジア地区最終予選 日本×イラクドーハの悲劇1993年10月28日
(平成5年)
22:00 - 翌0:15135分48.1%
08/フジテレビ2002 FIFAワールドカップ 日本×ロシア2002年6月9日
(平成14年)
20:00 - 22:54174分66.1%

  

 なんとなく書いてみました。
   一番上の姉です。どちらかをクリックしてくださいm(._.)m
                              
人気ブログランキングへ                    人気ブログランキングへ

このページのトップヘ