ねこばらblog

背中が丸いのは猫背!お腹が丸いのは『ねこばら』。お腹がぽっこりしてきたパパは『ねこばらパパ』。そんなねこばらパパと、ママ、娘の私(18)、上の弟(16)、下の弟(11)の家族ブログです!ねこばらパパ、目指すのは『ねこばらの花束』、嫌いなのは『細くてすごく筋肉のある人』。私達3人姉弟はねこばらパパのお腹をけなします!

概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→
前→ねこばら小学校2日目 自己紹介  
ネコッター→ネコッター
ねこばらWikipedia→ねこばらWikipedia 
ねこばらブログのお話を全部見る!→お話集
見とくといい記事→




皆さんこんにちは、弟です。

今回は久々にお話を話すんですが…

実は今回話すお話、設定がひどすぎて一度没になったお話なんですよ。

でもせっかく書いたからってことで今日公開しちゃいます!

まぁ本当はネタがなくって仕方なく没記事を公開しただけなんだけど。

終始酷い部分が多々ありますが、それをご理解のほどご解読させていただければ幸いです。

では没記事スタート!





にゃー!

僕はとあるねこだにゃ!

そんな僕には悩みがあるにゃん。

それは…周りから天然だと言われることにゃん。

僕は絶対天然じゃにゃいにゃん!にゃのにどうして天然って言われるにゃん…?

みんにゃが間違ってるにゃん!僕は絶対天然じゃにゃい!

…いくら天然じゃにゃいって言ってもみんにゃ信じてくれにゃいにゃー…

あ!そうにゃん!

天然と天然じゃにゃい人の違いみたいにゃことが書いてあるサイトを見つければ、みんにゃ天然じゃにゃいって信じてくれるにゃんね!

よーし!早速キャットパッドで調べてみるにゃん!

本物の天然と偽物の天然を簡単に見分ける方法…と!

お!一言一句タイトルが同じ記事があるにゃん!

えーっとにゃににゃに…「そんなわけにゃいじゃん!」真の天然…!?

嘘…ってことは僕、天然ってことにゃん…!?

そんにゃの嘘にゃん!信じにゃいにゃん!

でも…もしこれが本当だったら…

にゃーん!絶対違うんだにゃん!

そう信じたいにゃん…違うと思いたいにゃん…

…あ!ひょっとして、これ人間だけに効果的にゃやつかもしれにゃいにゃん!

そうにゃんよね!これは人間にだけ有効!ねこには関係にゃい

そうにゃん!せっかくこんな記事を見つけたにゃん!他の人が天然かどうか確かめてみるにゃん!



外に出てみたけど…あ!小学生の男の子がいるにゃん!

早速聞いてみるにゃん!

ねこ「あの~…一つ質問良いですかにゃん?」

人間A「え!?ねこがしゃべった!?どういうこと!?」


ねこ「あなたは天然ですかにゃん!?」

人間A「ねこがしゃべりだすなんておかしい…ひょっとして、妖怪の仕業!?」

ねこ「にゃ、にゃに言ってるにゃん!?」

人間A「ねえ、ニャスパー!これって絶対妖怪の仕業だよね!?」

ニャスパー「いえいえいえ!ねこが喋りだすなんてよくあることでしょう!こんなことまで妖怪のせいにされては…」

人間A「いや!絶対妖怪でしょ!どこだ妖怪!」

ニャスパー「ちょっとー!何もう妖怪ニョッチで照らしてるんですか!そんな妖怪…」

人間A「いた!」

ニャスパー「えー!?」


人間A「ねぇニャスパー、あれ何の妖怪?」

ニャスパー「え?あぁ、もちろん知っておりますよ!?えーっとあれは…あ、あった。妖怪テーンネンです!」
BlogPaint
ニャスパー「あいつがとりついた動物は勝手にしゃべりだすようになり、かつその動物がかなーりの天然になってしまうという妖怪です!妖怪不祥事案件でいう所の…『ね~、何かあのねこ喋ってな~い?しかも超天然で可愛い~!』『本当だ~!』を引き起こしてしまう妖怪です!」

人間A「ふーん…でもこの妖怪がいて悪いことなんてないよね?」

ニャスパー「いえ!この妖怪がとりついた動物は、とりついてから4日で死んでしまいます!」

人間A「えー!?それは大変だ!誰か呼び出してやっつけなきゃ!よーし…」

ねこ「あれ…?にゃんか大変なことににゃってるにゃん…」

人間A「妖怪ニョッチエルダ!召喚!俺の友達、出てこいジバニャー!」

ジバニャー「ジバニャー!」

人間A「ジバニャー!あいつをやっつけて!」

ジバニャー「分かったにゃん!にゃくれつ肉球!にゃにゃにゃにゃ!」

テンネーン「そんな攻撃よけて見せるテン!」


ニャスパー「ジバニャー!よけられていますよ!」


ジバニャー「にゃにゃん!?」

人間A「あー!ジバニャーがテンネーンに憑りつかれた!」

ジバニャー「にゃにゃ?どうしたにゃん?…さて!チョコニャーでも食べるにゃん!まずここをこう開けて…」


ニャスパー「おや?その開け方だと…」

ジバニャー「にゃにゃにゃん!?開かないにゃん!どうしてにゃん!?」

人間A「…ジバニャー?なんで横から開けようとしてるの?これって上のギザギザの部分から開けるんだよ?」

ジバニャー「にゃにゃにゃ!?オレっちはどうしてこんな当たり前のことが分からなかったにゃん!?チョコニャーファンとしてのプライドが~!にゃーん!」

ニャスパー「ジバニャーはテンネーンのせいで天然な行動をして恥ずかしくなって逃げていきましたね。」


人間A「天然!?あれ天然かな!?」

テンネーン「あんなねこ簡単に倒せるテン!」

ニャスパー「こうなったら!別のともだち妖怪を呼び出して対抗しましょう!」

人間A「よーし!俺の友達、出てこいバクロにゃあ!」

ニャスパー「なるほど!さすがのテンネーンでも恥ずかしいヒミツをさらされては去っていくでしょうね!」

人間A「バクロにゃあ!テンネーンをやっつけて!」

バクロにゃあ「にゃにゃーん!」

テンネーン「あ…あ…急にヒミツをばらしたくなってきたテン…!」

ニャスパー「よし!これはいけそうですよ!」


テンネーン「私は…今まで月極駐車場をげっきょく駐車場って読んできたテンー!」

人間A「あ~!初めて見た時ってそう読んじゃうよね~。」


ニャスパー「え~!?あれってげっきょく駐車場って読むんじゃないんですか~!?」

人間A「いや知らなかったの!?」

テンネーン「さらにヒミツをばらしたくなってきたテン―!私は…水にブドウを入れたらぶどうジュースになると思ってたテンー!」

人間A「テンネーンはヒミツも天然なんだね~。ぶどうと水でぶどうジュースが出来るわけ…」


ニャスパー「え~!?ぶどうジュースって水とぶどうで作れるんじゃないんですか~!?」


人間A「いやだから知らなかったの!?」

テンネーン「はぁ…はぁ…もう一つヒミツをばらすテン…私を怒らせると…とんでもないことになるテン…!」


人間A「とんでもないこと?」

ニャスパー「…あぁぁぁぁぁっぁ!!!!!」

人間A「ちょ、ちょっとニャスパー!妖怪ニャッドみて何叫んでるの?」

ニャスパー「テンネーンのページをよく見てみたら…大変なことが書かれてました!」

人間A「え?何?」

ニャスパー「テンネーンを怒らせると…テンネーンが地球のすべての人間に憑りつきます!」

人間A「ということは…地球全員が天然になるってこと?それくらい別に…」

ニャスパー「一つ忘れてませんか?テンネーンに憑りつかれた生物は、その4日後に…!」

人間A「…あぁぁ!そうだった!まずい!人類滅亡の危機だ!ここは未来の力を借りるしかない!」

人間A「妖怪ニョッチエルダ!召喚!俺の友達、出てこいロボニャーF型!」

ロボニャーF型「ニェータ。今日のミッションは何だ!」


ねこ「あ、ニェータって名前だったにゃん?」

ニェータ「ロボニャーF型!あいつをやっつけて!」

ロボニャーF型「なかなか手ごわい相手だな…だがあいつは水っぽいぞ?おそらく高温の所においておけば勝手に蒸発するだろう!」


ニェータ「そうか!それなら…俺の友達、出てこいメラメニャイオン!…あれ?」


妖怪ニョッチ「ただいま、メラメニャイオンは旅行中です。旅行が終わってから召喚してください。」

ニェータ「え!?旅行!?メラメニャイオンも旅行に行くんだ…どうしよう…」


ニャスパー「ニェータきゅん!こういうときは…」

ニェータ「そっか!ニャンチャンサイドか!」

ニャスパー「えぇ!この場合ロボニャーF型に何かが起こると思われます!」


ニェータ「よーし!何が起きるかわからない!一か八かのニャンチャンサイド!一発逆転!起きろミラクル!」


ニャスパー「…おや!あれは!」

ロボニャーF型「メラメラ―!」

ニェータ「え!?ロボニャーF型が燃えてる!?」

ニャスパー「えぇっと今回のニャンチャンサイドは…あった!急な温度変化です!」

ニェータ「急な温度変化!?」

ロボニャーF型「ぶるぶる…」

ニェータ「わ~!今度は凍ってる!」

テンネーン「う…この寒さ…もう無理…!」

カチーン!

ニャスパー「おぉ!テンネーンが凍りました!」

バン!


ニャスパー「あ!ニェータくん!テンネーンの妖怪ニャークですよ!」

ニェータ「やったー!」





…あのことがあってから、もう人間と喋れにゃくにゃっちゃったにゃん。

だから天然の調査も出来ないまま終わったにゃん…

もっと喋りたかったにゃん…





fin…



クリックしてね!

概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→
前→ねこばら小学校1日目 入学式
ネコッター→ネコッター
ねこばらWikipedia→ねこばらWikipedia 
ねこばら小学校を全部見る!→ねこばら小学校集




入学式を終え、1年生たちが教室にやって来ました!

パンダ「ということで、担任のパンダです!よろしくお願いします!」

ミーちゃん「先生って、パンダが本名なんですか?」

パンダ「はい!パンダという名前です!パンダ先生と呼んでください!」

モモちゃん「え…苗字とか名前とかないんですか?」

パンダ「ありません!パンダっていう名前です!…ところで担任としてみんなのことを知っておかなきゃダメだと思うので、一人ずつ自己紹介をしてもらえますか?では出席番号順で伊藤さんから!」

おお!伊藤さんの自己紹介が始まります!

伊藤さん「はい!僕は伊藤さんです!さんまでが名前なので気を付けてください!得意なことはねこばらマンのカンペを作ることです!」

ちょっとー!それ言わないでください!

パンダ「では次はいぬばらパパさん!」

いぬばらパパ「どうもこんにちは!いぬばらパパです!得意なことはダイエットです!最近縄跳びにはまってます!なんと前跳びは凄い回数跳べるんです!よろしくお願いします!」

すごい回数って何ですかすごい回数って!それを言ってほしかったです!

ってか私とイメージカラー被ってますねー…

パンダ「では次はお助けワンさん!」

お助けワン「お助けワンだわん!得意なことは勉強、運動…全部だわん!何もかも得意わん!」

本当ですかね…ねこばら運動会を見る限り勉強も運動も駄目っぽいですが…

パンダ「では次は弟さん!」

弟「皆さんこんにちは、弟です!いっつもねこばらブログ書いてます!良ければクリック、お願いしまーす!それでは終わります。さようなら!」

…何かテンション高くないですか?てかいつものあいさつを地味に入れるんじゃないですよ!

弟「入れて何が悪いんですか!
  20人にあいさつするから、皆さんこんにちは、弟です。も間違ってませんよね⁉
  それでは終わります。さようなら!も大丈夫ですよね?
  だって自己紹介を終わります。ってことに当てはまってますよね?ちゃんと。
  さようなら!も『自己紹介にさようなら』と解釈できます。
  なので別にあいs…」


パンダ「では次は風さん!お願いします!」

弟「ちょっと!まだ終わってませんよ!?…まぁもうそれでいいですよ…」

ミーちゃん「あのー…風さんってどこにいるんですか?見当たりませんけど。」

パンダ「風さんは気体ですので目に見えません!声を頼りにどこら辺にいるか模索してみてください!」

風「入学おめでとうございます。入学おめでとうございます。入学おめでとうございます。」

ちょ、ちょっと、何か風さんおかしくないですか?

モモちゃん「
この記事に書いてある通り、どうやら風は限られた言葉しか喋れないみたい。」

風「ま、普通にしゃべれますけどね。」

って、しゃべれるんかい!

パンダ「では次はゴキ男さん、お願いします!」


ゴキ男「ゴキ男ですゴキ。得意なことは生きることゴキ…ゴキブリの生命力舐めるなゴキ…ゴキブリには脳が2個、心臓が11個あるゴキ…どうゴキ…?参ったかゴキ…?」

一体誰と戦ってるんですか…

パンダ「では次はゴキ香さん、ゴキ美さん、ゴキ子さん!3人同時にお願いします!」

ゴキ香「私は私の第一人格、ゴキ香…」
ゴキ美「私はゴキ香の第二人格、ゴキ美…」
ゴキ子「私はゴキ香の第三人格、ゴキ子…」

3人「3人合わせてゴキブリーズ!」

ゴ、ゴキブリーズ…?そういえばこの3人って同じ人格なんでしたっけ。忘れてました。

パンダ「では次はゴキ太郎さん、お願いします!」

ゴキ太郎「ゴキゴキゴキゴキ…ゴッキ―!」

…はて?今なんて言ったんでしょうか?

ゴキ男「うわあああ(泣)めちゃくちゃ泣けること言ってくれるゴキね~(´;ω;`)」


ゴキ男さんには通じてるんですか!?ではゴキ香さん達にも?

ゴキ香「え?何言ってんの?」

通じてなかったー⁉

パンダ「では次は
この記事で無視されたねこお願いします!」

無視ねこ「にゃー!弟を許さにゃいにゃー!ずっと根に持ってるにゃんよ…あ、
この記事で無視されたねこにゃん!長いから無視ねこって呼んでにゃん!

無視されたことを根に持ってるのに無視ねこと呼ばれたいって…矛盾してません?

パンダ「では次はこの記事のねこさん、お願いします!


6歳のねこ「どうもにゃん!犬Qと暮らしてる6歳のねこにゃん!6歳のねこって呼んでにゃん!」

6歳…ちょうど1年生の歳じゃないですか!適当につけた設定がここで活きましたね!

弟「いやいや!こうなることを想定して6歳って設定したんですよ!ほ、ほんとですよ!」

はいはい。

パンダ「では次、この話の犬さんお願いします!

あかり逮捕犬「わん!あかり逮捕犬って呼んでわん!過去にあかりって人を逮捕したすごい犬わん!」


字幕の色が読みにくいですね…

ミーちゃん「そこ!?」

パンダ「では次
この話のねこさんお願いします!」

あかり捕獲ねこ「にゃん!あかり確保ねこって呼んでにゃん!過去にあかりって人を確保したすごいねこにゃん!」

何で逮捕確保で言い方が違うんですか!呼ぶとき混ざりそうですね…

パンダ「いよいよか行終了です!ねこRさんお願いします!」

ねこR「にゃん!ねこRですにゃん!ねこばらブログファンクラブに所属して唯一緑色の枠がない動物ですにゃん!」

黄緑も言っちゃ緑ですけどね。

モモちゃん「えぇ…(困惑)」

パンダ「ねこばら一家の赤ちゃんさんは家庭の都合で今日はお休みです!なのでねこAさんお願いします!」

ねこA「にゃにゃにゃん!ねこばらブログファンクラブの管理人、ねこAですにゃん!クリックタオルを本当にクリック出来ると勘違いしてたっていう過去を背負ってるにゃん(笑)」

クリックタオルってなんですか?5文字以上68016文字未満で答えてください。

ねこA「ねこRが作ってくれたタオルだにゃん!ねこRは冗談でこのタオルのスイッチを押せばクリックしたことになると言ってたのに、それを本気にしてしまってずっとクリックしてたにゃん。」

ほ、本当に説明してくれるとは思いませんでした…

パンダ「では次はいよいよ!ねこばらパパさんお願いします!」

ねこばらパパ「うぅ…何か急にお腹すいてきた…食べ物ない?あ、そこにある白いの…まさかアイスクリーム!?食べさせてください…お願いです…!」

いやいや!あなたが言ってるの多分チョークです!食べれません!

ねこばらパパ「チョ、チョーク…!?そんな…最後の希望がぁ…」

バタッ

パンダ「わー!ねこばらパパさんが倒れちゃいました!とりあえず救急車を…」

ミーちゃん「大丈夫です!何か食べ物あげればまた復活するので!何か食べ物ありませんか?」

パンダ「食べ物?確か給食室にあったはずです!誰か取りに行ってくれませんか?」

風「はーい!僕がとりに行きまーす!」

パンダ「え、あなた取りに行けるんですか!?」

風「風で食べ物をここまで飛ばしてくればいいんです!それじゃ行ってきますねー!」

ブォォォ…


パンダ「行っちゃいました…まぁとりあえずパンダAさん!お願いします!」

パンダA「むしゃむしゃ…あ、僕の番?笹が好きなパンダです。飛行機乗れます。それだけです。」

内容薄すぎません!?内容無いようですね…

ブォォォ…

風「はい!食べ物取ってきました!」

ちょい!今帰ってくると私のギャグが滑ったみたいになるじゃないですか!

ミーちゃん「え?滑ってたけど?」

…へ?

パンダ「それにしても風さんのことは見えないので、食べ物が宙に浮いてるように見えますね…」

モモちゃん「っていうかあれ!?にんじん持ってきちゃったの!?」

風「え、何か悪いことでも…?」

ミーちゃん「ねこばらパパは野菜が大嫌いだからね…それをあげても悪化するだけだと思う。」

風「そんな…でも給食室を見た限り野菜しかありませんでしたよ?果物じゃダメですか?」

モモちゃん「フルーツなら全然大丈夫!」

風「そうですか!それでは果物を持ってきますね!」

ブォォォ…。

今度はちゃんといいタイミングで帰ってきてくださいよー!

パンダ「では次は2人同時紹介!ミーちゃんさんとモモちゃんさんお願いします!」

ミーちゃん「はーい!ミーちゃんと?」

モモちゃん「モモちゃんです!」

ミーちゃん「これで自己紹介を終わります!」

ちょいー!名前言っただけじゃないですか!

自己紹介の基本は!名前な、前に言うんや!

ブォォォ…。

ミーちゃん「今のはさすがに無理がない…?」

モモちゃん「そうだよね。急に関西弁になってるし。」

ガーン!

風「すいません!リンゴを持ってきましたよ!」

ってかあなた!また私が滑ったタイミングで吹きましたね!?何なんですか本当!

ミーちゃん「あ、滑ったって認めた。」

風「別に帰ってくるタイミングなんてどうだっていいじゃないですか!全く!」


あ、すいません。

風「とにかく、このリンゴをねこばらパパさんに食べさせてみますね!」

サッ

ねこばらパパ「おー!何か胸の奥から力が湧き上がってくる!このままならなんだってできそうだ!ちょっと近くの公園一周して来るかー!」

ビューーーーン!

うわー!何かキャラ狂変してますけど!?

パンダ「ねこばらパパさん、早退…っと。」

早退扱い!?

パンダ「とりあえずこれで全員の自己紹介が終わりましたね!今日は各自解散です!」

もう下校ですか!?ねこばらパパさんほぼ早退じゃなくないですか!?

ミーちゃん「ふぅ!それじゃ帰ろっか!」


モモちゃん「うん!」

お助けワン「初めての学校楽しかったわん!にしても校長なんて子ハートワンすごいわん!」

あ、もう帰っちゃう感じですか?それならこの記事も終わりにしましょうか!

弟から、記事の最後にこれを言ってくれと頼まれました。何かというと…

クリックしてね!


概要欄
初めて見る人へ→再生リスト→http://nekobara.doorblog.jp/archives/50177994.html 
次→ねこばら小学校2日目 自己紹介  
前→季節の転換を直せ!(後編) 
ネコッター→ネコッター
ねこばらWikipedia→ねこばらWikipedia 
ねこばら小学校を全部見る!→
ねこばら小学校集
一部非公開記事公開企画のとき公開した記事を使い回してます。気にしないでください。




皆さんこんにちは、弟です。

さて!今回から前も言ってた新コーナー!ねこばら小学校を開始します!

ブログのキャラクターたちが学校に通ってみた!って感じです。

それじゃスタート!




さて、今日は4月14日月曜日、ねこばら小学校の入学式です!

ナレーターはわたくしねこばらマンでお送りします!

さて、今回入学してくれる1年生は21人です!

ねこばらパパミーちゃんモモちゃんお助けワンねこA猫RパンダAねこばら一家の赤ちゃんゴキ美ゴキ子ゴキ香ゴキ太郎伊藤さんゴキ男この話のねここの話の犬この記事のねここの記事で無視されたねこいぬばらパパ…この21人です。

お!早速1年生が校庭の中に入ってきました!

めっちゃ校舎を眺めてます。

初めての小学校に緊張してるのでしょうか?

ミーちゃん「保育園児のころ小学校見学として来たことありますよ!」

あ、はい。

では2回目ですね!

早速みんな公社の中に入っていきました!

モモちゃん「すいませ~ん誤字ってますよ!」

え?あ、はい。校舎の中ですね。

1年生は入学式を行うため体育館へ移動です!



はい!どうやら1年生全員体育館に移動したようです!

ねこB「それではこれから、平成31年度ねこばら小学校入学式を始めますにゃ!」

犬B「…もうすぐ令和になるけどわん。」

ねこB「では早速、校長先生からのお話ですにゃ!」

犬B「子ハートワン先生!お願いしますわん!」

ミーちゃん「…え?まさかまた子ハートワンが校長なの?」

弟「もっと他に校長にすべき人、たくさんいると思うんだけどなー…」

子ハートワン「わんわわん!わん!わん!」

ねこB「子ハートワン先生!感動的なお話ありがとうございましにゃ!」

モモちゃん「いやいや!言語分かるの!?君ねこだよね!?」

犬B「それでは今から、1年1組の担任を発表しますわん!」

ねこB「担任は…たかしさんですにゃ!」

ミーちゃん「いや誰ー⁉ブログに出てきてないでしょ!」

ねこB「というのは嘘で!担任はボールハチですにゃ!」

モモちゃん「絶対それ授業中に刺されるじゃん!ヤバいって!」

ねこB「というのも嘘で!本当の担任はマジックを見たあのパンダですにゃ!」

ねこばらパパ「…え?誰?」

ミーちゃん「いや担任マイナー過ぎない⁉かなりのねこばらブログファンじゃないと分かんないでしょ!」

モモちゃん「主役のねこばらパパでさえ覚えてないもんね…」

犬B「ということで担任はパンダ先生に決定ですわん!」

弟「本当にパンダなの!?てかこのクラスにパンダAいるんですけど!」

パンダA「パンダは一匹だけ…仲間が増えて嬉しい!むしゃむしゃ…」

ねこA「うわー!体育館に笹持ち込んでるにゃん⁉」

ねこB「以上で平成31年度(もうすぐ令和1年度)の入学式を終わりますにゃ!」

犬B「1年生は教室に戻ってくださいわん!」




こうして、パンダが先生になった1年生たち!

これからどうなっていくのでしょうか…?

続く…

クリックしてね!

このページのトップヘ